ラーメンショップ沼目店

Pocket

神奈川県伊勢原市

最近はラーメンショップの世界にどっぷりハマっている。

伊勢原市に1年前ラーショが出来た。

じりじりとまたブームの再燃を感じる。

そのラーメンショップ沼目店を訪れた。

まずは食券を買ってカウンター席に座る。

この店は若い女性店員達が仕切っており、創業1年にも拘らずかなり常連客が多い印象で、店員と客との間で気さくな会話が弾んでいる。

家系ラーメンのルーツとも言われたラーショは1970年代から90年代にかけて全盛期だった。

環七ラーメン戦争の時代に流行した昔ながらの醤油ラーメンの豚骨出汁を強くして関東風豚骨と言われた基本スタイル。

ラーショはチェーン店では無くフランチャイズ店。

フランチャイズなのにロイヤルティーは発生しない。

本部から仕入れる食材等に含まれているとの噂だが。

椿食堂管理の調味料を使用する店舗は「椿系」と呼ばれている。

しかし、全ての店舗が本部から全ての食材を購入する義務はない。

本部からは豚骨醤油の作り方のノウハウと麺、タレ、丼のみが提供されるだけだ。

これだけ本部の経営が緩いせいで、仕入れの材料さえ異なる店もあって、各店ごとに特徴が異なる。

ラーメンはもちろん、独自のセットメニューや丼モノを用意していたり、飲みに特化した店舗があるなど、派生や傍系、亜流まで似たような店名がいくつも存在しだし、現在のラーショ界はカオス状態である。

この店においては卓上にある「味濃いめ用かえし」つまりはラーメンタレの存在がとても重要だと言うことが大きなポイント☝️であることを覚えてもらいたい。

第一次ラーショブームが衰退してもずっと離れなかったラーショファンもいるが、かつてラーショから家系に流れた客が資本化された家系ラーメン業界に嫌気が差し、原点回帰としてラーショに戻りつつある流れを僕は感じざるを得ない。

時代の流れで綺麗でお洒落過ぎるこだわりのラーメン屋が増えた。

しかし、今でもラーショには懐かしい昭和ラーメン屋のあの頃の雰囲気が残っていた。

チャーシューメン 850

これが椿食堂から提供される広くて平べったいラーショの丼。

100円追加して麺中盛にしてます。

ほんのり乳化の他ラーショと比較して、この店は乳化しまくりのスープですわ‼️

相当時間をかけてしっかり出汁をとってこのスープが生まれているのだろうな。

うわぁ〜美味しいな。

トロ〜リとしたマイルドな優しいスープ。

一口目は塩味が足りないから味が薄く感じた。しかしスープの味を味わえる。

でも卓上のラーメンタレを入れたら塩味は丁度よくなった。

だからラーメンタレが重要なんですよ‼️

ラーショの麺は飲みもの。

ラーショのニュルやわ細麺を飲ま飲まイェー♪飲ま飲ま飲まイェー♪

柔らかい細麺が胃袋にゴックンゴックン収まっていく。

チャーシューは6枚。

厚さは薄いけど麺と一緒に食べやすい。

餃子 200

いつも思うけど200円で5個は安過ぎる。

安過ぎるって言っても高くしないで😅

他のラーショに比べてやや厚めの皮が印象的なずっしりとした餃子。

手作りで新鮮な餃子は卓上の餃子タレで。

この店はスープにこだわりがあり、個性的だった。

店員曰く、チャーシュー切れで閉める店もあるが、この店はスープ切れで閉めるらしい。

このスープを求めて他県からわざわざ来る客もいると言うから凄い。

ラーショなんてどこでも味が一緒でしょと昔は思っていた。

違う‼️

店による微妙な味の違いを楽しみながら自分好みのラーショを追い求めていくのがラーショ道。

努力している店もあればしていない店もあって、当たり外れも含めてラーショを楽しむ。

その小さな差が店の客入りを大きく分けるのがラーショである。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)