YABAI RAMEN 圭一屋 茅ヶ崎店

Pocket

 

【住所】神奈川県茅ヶ崎市

HP】食べログ

「ヤバイ」と言う言葉をポジティブな意味で使い始めたのは1990年代の若者達だと言う。

例えば、

キムタク「それヤバイ!」

それまで「やばい」はネガティブな意味で使用されてきた。

出川「やばいよやばいよ!」

今は前後の文脈を読みとって「やばい」なのか「ヤバイ」なのかを判断する。

「でマジであの美容師さんの腕がヤバイのよ。一回カットして貰ったら?え?カラー入れてパーマかけたい?でもおまえの髪の毛そろそろやばくない?」

最近、茅ヶ崎に出来た「YABAI RAMEN 圭一屋 茅ヶ崎店」に行って来た。

今回のヤバイラーメンはもちろん肯定的な意味の方で「ヤバイほど癖になる」という意味だそうだ。

静岡の人気ラーメン店「松福」で修行した店主が小田原で開業し5月に茅ヶ崎店を開店した。

この店はラーメン専門店でありながらチャーハンを出しているのだ。

ラーメン専門店のチャーハンはなかなか珍しい。

ヤバイラーメンは豚骨醤油ラーメン。

他に味噌らぁ麺、豚骨らぁ麺がある。

特に目を引いたのが、豚骨らぁ麺は「替え玉無限」つまりは何回でもおかわり自由なのだ。

でも今回は初回なのでまずは看板の、

ヤバイラーメン並盛 820

見た目は家系ラーメンっぽいな。

松福出身ならばもしかして

トロリとした超濃厚な豚骨醤油スープがガツンときて旨〜い。

骨の髄から抽出したエキスの様なまろやかな旨味を感じる豚骨スープだ。

味は家系ラーメンでは無いが、豚骨ラーメンとしてはかなり濃厚だと思う。

この濃度を10時間で出しているのは凄いな。

チャーシューは厚めの豚バラ肉でプルンプルン。

噛むと柔らかく脂の甘味がジュワワ〜ンと滲み出てくる。

キャベツがパリパリして旨いし、スープを染み込ませて徐々に柔らかくするのもあり。

やや太めの縮れ麺は硬めで注文した。

自家製麺らしくて食感はモチモチしていて風味もなかなか良い。

半チャーハン 450

これで「半」なの?という量。

完全に普通のチャーハンと同じ量だ。

ラーメンとは違いあっさりめのしっとりチャーハンだ。

具材はチャーシュー、卵、ネギ、ナルト。

かなり細かく小さめに切られている。

卓上の紅生姜を乗せればさらに旨いこと間違い無し。

西からなかなかの濃厚豚骨スープが茅ヶ崎にやって来た。

近くに「ヌードルワークス」があるからいい勝負するんじゃない?

店の雰囲気としては男はこっちの店の方が入りやすいぞ。

女はオシャレでイケメンが働くヌードルワークスへ。

次は豚骨らぁ麺を「無限替え玉」で何玉行けるかに挑戦するか。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)