ステーキガスト

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

まだ「ステーキガスト」がOPENしたばかりの頃に行った記憶は、安いけれど、肉が薄い、硬い、脂肪分無い、スープバーが無い、肉来る前にカレーで腹一杯など、散々文句タラタラで帰った記憶がある。

それからは近間にある「カウボーイ家族」という身近なアメリカ合衆国が僕のお気に入りの店となり、「ハロー!」の挨拶もだんだんと身に染みついてきた。

あれから時が経ち、どうやらステーキガストは「精神と時の部屋」にでも入ったのか、いつの間にかかなりパワーアップしている様なのだ。

それは実際に行った友人からの情報と、ネットでも、2019年から輸入牛肉を冷凍からチルドに変えたと言うのだ。

これは確かめねば。

16時頃に店に入ると、まだ閑散としているので好きな席に座り放題。

奥の窓側の席に着座した。

注文が決まったらブザーを押してくださいというお決まりのやりとりを終えて、

メニューを見ていると、サーロインステーキにするか、カットステーキするかで迷った。

直感的には、サーロインの方が明らかに旨そうなんだけど、ネット情報でカットステーキがおすすめだと推している意見がかなり多かったのだ。

だから、今日はそれを信じてカットステーキを注文した。

肉が来るまでにサラダバーに出かけた。

サラダバーの他にスープバー、カレー、果物やデザート、ステーキソースが置いてある。

まずは適当にサラダをよそってシーザードレッシングを1スプーンかけた。

カレーは店側の罠と知りつつも、恐れずに飛び込むってのが漢気ってもん。

少し濃度が薄く具が無い感じもするが、不味くは無い。

コーンスープと野菜スープから選べる。

ファミレスのコーンスープは昔から超うめぇ〜ぜ。

そんな行動を2巡ばかり行ううちに、肉が焼けて運ばれてくるのは、どこの店も同じタイミングかな。

熟成カットステーキ  大盛 1499

大盛にすると240gになる。

ネットではこれを食べるのがおすすめという意見が多かった。

通称ザブトンとも呼ばれる、赤身の中でも柔らかい部位を1カ月間熟成させた「チャックフラップ」を使用しているとのこと。

肉はなかなか柔らかい。

下ごしらえの時点で肉は調味液に漬けこんであり、そこに黒胡椒も振られて、最初から下味がついている。

脂肪分もまあまあで噛むと肉の旨味が出てくる。

なかなか肉を噛みきれないので、後半は顎が疲れた。

色々とソースを試した結果、

この肉に合うソースは、醤油ポン酢や玉ねぎ醤油などのあっさりしたソースが合っていると思う。

ガーリックソースや柑橘醤油ソース、テリヤキソースなどは、ソースの味が強すぎて、肉の旨味を味わいにくい。

デザートは、苺のフルーチェとチョコレートムース。

口の中をスッキリさせてくれる。

久しぶりにステーキガストに行ったら、

確かに昔よりパワーアップしていた。

肉の質、サラダバーの質が向上、スープバーが出来ていたりと、このコスパならなかなかいいと思う。

カットステーキとサーロインを迷ったら、僕はサーロインをおすすめする。

この様なビュッフェ形式では、メイン料理は量より質をとった方がいいと思う。

さて、厚木市妻田の「ステーキガスト」と「カウボーイ家族」のステーキ戦争は今後どうなっていくのだろうか?

それとも「ビッグボーイ」「ブロンコビリー 」が巻き返してくるのか。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)