ぎょうてん屋 海老名店

Pocket

【住所】神奈川県海老名市

HP】食べログ

何故かこの日は車の渋滞が凄かった。あゆみ橋を海老名側へ渡るまでに友人が勧める謎のアーティストの曲を何曲も何曲も聴かされた。そしてそのまま、

厚木から本店を海老名に移店したぎょうてん屋に久しぶりに訪れた。

小田急海老名駅東口から線路沿いを歩くと店はある。

駐車場は無いので、近くのパーキングに車を停めてそこから歩いてやって来た。

30100円で200円かかった。友人が車を出してくれたので、駐車場代は僕が払う。これが僕らの暗黙ルールになっている。

ぎょうてん屋はラーメンの流行にすぐに便乗する店だ。

ぎょうてん屋の第一章が家系ラーメンで始まり、第二章はG系ラーメンを出し始めた。第三章は無化調かな。

今ではG系の「ぎ郎」を注文する人がこの店の主流だが、僕は昔から「とんこつ醤油ラーメン」派で、今ではマイノリティな方なのだ。

元厚木本店で働いていたスタッフに久しぶりに挨拶してから、麺硬めと無料ライスをお願いした。

午後18時で客は2人か。少し寂しいな。

ラーメンが来るまでに手洗いを入念にすませ、一緒に来た友人は「ぎ郎」を注文した。

スタッフは僕と友人が同タイミングで食べられる様にうまく調理を調整してくれていた様だ。

卓上にはグリーンニンニク、辛子高菜、ニンニク酢がある。

ニンニク酢は厚木本店時代は無かった。この店は吉村家直系と繋がりがあるからその影響かな。

とんこつ醤油ラーメン 中盛 750円+100

具材が以前より少し良くなっている様な気もするが同じ様な気もする。見た目は同じかな。

鶏油がたっぷりとかけられた豚骨醤油スープ。吉村家創始者である吉村実氏より伝授されたスープらしい。

七種の魚介類と2種類の魚醤などで作った醤油だれは甘じょっぱくてややトロミがある。

チャーシューは直系とは違うタイプのスモークチャーシュー。食感は硬めで脂身が少ない。

溶けない海苔も他の家系とは違う。

中太のたまご縮れ麺は硬めの茹で加減で頼むのがおすすめ。

プリプリと弾力があり、麺から出る風味が良いのが特徴だ。

無料のライスはブランド米では無さそうだが、この硬さとパサつき具合が逆にスープとの相性抜群なのだ。

友人が頼んだ「ぎ郎」はこの店の主力商品だ。

麺は太く野菜が盛られ量が多いワイルドな一杯である。

正統な家系ラーメンと呼べるかはわからないけれど、亜流として個性的で面白い味だよなー。

1年ぶりに食べて、非常に懐かしく美味しかった。

この店と厚木にある無化調と味は全然違うのかな?近いうちに食べ比べに行ってみようかな。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)