横浜らーめん東名家

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

英国は31日午後11時(日本時間21日午前8時)、欧州連合(EU)を離脱した。1952年に前身の欧州石炭鉄鋼共同体が発足して以来、拡大を続けてきたEUから加盟国が離脱するのは初めて。2度の大戦を教訓として進められてきた欧州統合は節目を迎えた。

脱退したい〜しない〜でズルズルとRG状態だったけれど、やっとイギリスがEUを正式に離脱した。離脱する事でのイギリスの大きな変化は、EU域内での人やモノの移動の自由が保障された「単一市場」や、EUが日本などと結んだ貿易協定が適用される「関税同盟」から外れる事である。離脱によって英国は欧州議会やEU機関の会議に原則参加できなくなるが、離脱による激変を緩和するための「移行期間」に入り、年末までEU法が英国にも適用される。今後はイギリスとEUが年内に自由貿易協定(FTA)などで合意し、まとまるかどうかに注目。まとまらなければ「合意なき離脱」と同じ状況になってしまう。これで27か国となるEUは人口が13%、GDPも15%縮小することになる。国際社会での存在感の低下は避けられず、各国の拠出金に頼るEU予算も大きな見直しを迫られる。今後のイギリスの行末を見て他のEU国も追随するか留まるか流れが決まってくるかな。はたして。

職場の課対抗バレーボール大会が終わった。

ここ何日か皆で昼休みに屋上バレーをして猛特訓をしたが、誰もスパイクを打てない素人トスチームが勝てる訳も無く惨敗した。

そんな悔しい流れの中での「横浜らーめん東名家」になる。

食券を店員に渡し「麺硬め」「味薄め」「油多め」で注文した。

「味薄め」にしたのは、卓上にある「秘伝の醤油だれ」の存在があるからだ。

これで好みの濃さに調節できる。

ヤングマガジンを読みながら、横浜らーめんを待っている。

「カイジ」

現在は大金を持って逃げているのか。作風が変わってきているな。

「彼岸島」

まだ連載している。引っ張り過ぎだろ。

その合間にも客が次々と入ってくる。

この店はリニューアルしてから人気が出ているらしい。

横浜らーめん     中盛 650円+100

らーめんは密かに値上がりしていた。

さて、味の方はどうか。

動物出汁は豚骨。

家系ラーメンにしては軽めに仕上げられている。

家系ラーメンのどこの系列にも属さない亜流系。何となく雑味のあるスープ。

「味薄め」で塩分濃度が低いスタート地点から食べ始める。

そして秘伝の醤油だれを、徐々に投入していく。

チャーシューからも塩分が結構出てくる。

切り方は、冷やし中華や、チャーシュー丼に入れる様な千切り。

チャーシューはパサってて硬い系。チャーシューは一年前より素材が落ちて劣化した印象だ。

佐々木製麺の中太たまご麺。

前に来た時と製麺所が変わった。

麺から良い風味がして、この麺はかなり好きだ。

ニュル柔らかい。硬めで頼むのがベストかな。旨し。

リニューアル前より客が入っている様なので、気になって懐かしくたまに来てしまう。

感じた事は今の味の方が客に支持されているみたいだ。味の好みって人それぞれでおもしろいもんだな。

店を出ると空に月。

「トスだけでは試合に勝てないか

意味がある様で、

全く意味がない言葉を呟いてみた。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)