ラーメン 相楽

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

企業に70歳までの就業機会確保への努力義務を課す「高年齢者雇用安定法」の改正案が通常国会に提出される。60代の働き手を増やし、少子高齢化で増え続ける社会保障費の支え手を広げる狙いがある。定年延長だけでなく、再就職の実現や起業支援などのメニューも加わるのが特徴だ。改正案は通称「70歳定年法」。20196月の閣議で決定され、19年末に始まった政府の全世代型社会保障検討会議の中間報告で明記された。国会で成立すれば、早ければ214月から実施される見通しだ。

労働者の利益を著しく害する悪法にはならないで欲しい。確かに日本は税金や年金不足なので、まだ働ける高齢者に働いて税金を納めて欲しいのはわかる。70歳まで継続雇用する事が努力義務化されると、会社にとっても人件費の負担が大きくなる。そのためには現役世代の賃金の削減など、賃金制度改革も避けられない可能性もある。現在、多くの企業は60歳定年で退職後、65歳まで1年契約更新の再雇用制度を導入している。しかし、現役時代に比べて給料が大幅に下がるので、その穴埋めとして6064歳の高齢者に支給している「高年齢雇用継続給付」がある。その給付を政府が段階的に廃止する方針となっており、今後はそれを穴埋めするのは会社だとしている。会社側からして、早く辞めて欲しい働かない高齢者も雇用継続されてしまい厳しいのではないか。継続雇用したとして、齢も考慮しなくてはならないからキツイ仕事や責任ある仕事は任せられないし、それだったら若い人を優先的に入職させたいのが本音だろう。若い世代からしたら、周りに働かない60代が増えそうで超やる気がなくなる気がする。ならば企業の防衛策として、辞めない60歳以上の社員を仕事がきつい部署に配置転換し、自主的退職を促す事も予想される。今のところは、施行されても会社に強制する訳ではないし努力義務なんだけれど、仮に訴えられれば企業として印象は良くない。そうなると今後は70歳雇用の義務化までに定年を60から65歳に段階的に引き上げる可能性があるかもしれない。1986年「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の改正で60歳定年が努力義務になり、1994年の改正で60歳未満定年制が禁止(1998年施行)された。それまでは55歳定年が主流だったが、これが60歳定年の始まり。つまり、60歳定年は早期退職になる可能性があるわけで、退職金満額貰える筈だったのが貰えなくなる。その結果、辞めない高齢者ゾンビ社員が増えて、人件費で会社経営が苦しくなり、若い現役世代の給料が下がりそうでめちゃくちゃ不安。定年って一般労働者にとってある意味、目標、ゴールであり希望、楽しみ、解放でもあるとも思うのだけれど、給料や退職金を減らされて、金銭的に辞められない状況にされて、税金を納め続け、年金を貰う事なく、ある日突然仕事中に死ねと言う事なのね

今でも悔しく思うのは、過去に閉店してしまったあの店のあの料理を記録に残せなかった事である。

だから今のうちに老舗をどんどん訪問して、記録に残したいのよ。

厚木バスセンターに昔からある中華食堂「ラーメン相楽(そうらく)」にやって来た。

イオン厚木店やバスセンターのある街区(中町)は、1980年~90年代に再開発された地域。

だが、建物の老朽化などの問題もあって再び開発を検討しているとのこと。

バスセンターの再編や駐車場増設など交通機能の強化、厚木市子ども科学館(中央図書館)を生かして図書機能や科学機能を核とした複合施設の新設など、再開発の検討が進められている。

噂では本厚木駅前の再開発により相楽がなくなってしまうと聞いた。

なので、その前にと、今回訪問するきっかけになった。

昼過ぎに来店し、客は56人ほどで、2人掛けのテーブル席に腰掛けた。

カウンター席前には漫画がずらりと並び、待っている時と食べ終わるまで漫画を読みまくり。つかの間の現実逃避タイム。

男性向けの青年漫画が多い印象。「こち亀」とか「美味しんぼ」。

読み始めたら、終わりまでが果てしない道のりの本多し。

メニューを見ると、どうやらラーメン類が主軸の様だ。

じゃあとりあえず、ラーメンは頼むとして…。

ラーメンスープは、ふつう味、ピリ辛味、こってり味が選べるみたい。

裏面を見ると、セットメニューがお得な様だ。

今日は親子丼(小)セットがサービス日で安いと女将さんはニッコリと商売上手だな。じゃあそれにしようかな。

店内は喫煙可能。ここら辺が昭和だよな。

居酒屋やカフェ以外の飲食店は禁煙にしてと思っているのだけれど、喫煙者の常連が多いとしたら、禁煙にするのも難しい問題だよな。

注文から7分後に料理が運ばれてきた。

親子丼(小)セット 700

本来ならば810円の親子丼セットが今日はサービス価格で700円になる。

なかなかボリュームあるわ。

ラーメン(こってり)

一般的な街中華のらーめんに背脂を軽く浮かせてパンチを足したもの。

生姜やネギの香味野菜の風味を少し感じる。普通に旨い。懐かしい味でじんわりする。

麺はやや弾力を感じる細縮れ麺。

細麺と太麺が選べるので細麺にしてもらった。スープとの相性で言えば、細麺で正解だった気がする。また麺を撮り忘れたから下の動画参照。

親子丼

一言で言えば、家庭的な味である。おっかさんが作ってくれた親子丼を思い出す。

半熟タイプより、少し卵に火が入っている懐かしい感じ。多少火が入っている親子丼の方が好みなのだ。

給仕の女将さんもいい人で感じがとても良かった。娘さん?が一人で厨房をやっていたのかな、頑張ってた。

ただ、ひとつ気になった出来事があった。

4人掛けのテーブル席にあんちゃんが1人で腰掛けたが、ランチタイムだからか女将さんにカウンター席に座る様に促されていた。

まあ仕方がないよね。

女将さんは気にならない程度にあんちゃんに丁寧に促していたよ。

問題はその後で、

「いつもの〜」と常連らしきおっちゃんが先程の4人掛けテーブル席に1人で座って、タバコをプカプカしだした。

先程と同じ状況。でも女将さんはおっちゃんに何も言わなかった。

カウンター席で食べていたあんちゃんのコッテリラーメンは涙で味濃いめになっていただろうか?

女将さん悪気は無かっただろうが、そりゃあ無情だよと、あんちゃんの方を気になってチラッと見たら、

我知らずと弘兼憲史の漫画を夢中でガン読みしてた。彼がカウンター席に移ったのは正解だった。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)