ラーメンショップ 綾瀬店

Pocket

【住所】神奈川県綾瀬市

HP食べログ

首相主催の「桜を見る会」をめぐり、第2次安倍政権発足後の14年以降、参加人数や費用が急増している問題で、安倍晋三首相の地元後援者が約850人参加したとされる疑惑が、首相の公的行事の「私物化」として、波紋を広げている。野党は12日、追及チームの初会合を開催。招待客選定を担当する内閣府は、今年の招待者リスト提出を求められたが、保存期間が1年未満とされる文書として「終了後、文書、電子媒体とも廃棄した」と拒んだ。ただ、目的次第では文書保存を「1年」とする規定もあることが判明。その規定を書いた内部文書を提出させられるはめになった担当者は「いったん持ち帰らせてほしい」と、釈明した。政府側は「各省庁の意見を踏まえ、功績があった方を幅広く招待する」と繰り返したが、野党側は「安倍事務所を通せば、フリーパスで行ける枠があるのではないか」と追及。また、招待状の名前と実際の訪問者の本人確認をしていないことが分かり、野党が「キャバクラ嬢という方が参加したとネットで公表している」として、警察庁に推薦の有無を問う場面もあった。政府答弁は終始歯切れが悪かった。予算額も従来の約1766万円が来年度要求額は約5728万円と、不可解なほど急増。野党は「本丸直撃」(立憲民主党の枝野幸男代表)と位置づけ、「外堀を埋め、総理が答えるしかない状況をつくる」と息巻く。首相の「私物化疑惑」は政権にも打撃だ。菅義偉官房長官は会見で招待客の選定基準の明確化を検討すると、火消しに走り始めた。【中山知子】

「桜を見る会」は歴代総理が昔からやっている「功績があった人をお招きする」行事だったらしいけれど、今は安倍さんの後援会や訳わからん人まで呼ばれているのが現状らしい。あまりにも周りから気を使われ過ぎて安倍さんが調子に乗っているのは事実だな。原点に回帰するか、もう辞めた方が良いかもね。ただ、急にこの事がワイドショーで取り上げられる程に問題視され始めたのだが、こんな事は数年前から皆が知っていた事であり「こんな人まで呼ばれているのか?」と疑問に思ってはいた。今回、記事やテレビを観て、急にこりゃ問題だと怒り出した人はマスゴミに操られている自分を疑った方が良い。俺としては国会で早急に議論すべき問題を止めて置いて、急にこのどうでもいい問題を取り上げたマスコミ、チャラく追求しだした野党の方に腹が立ちますわな。民主党だって政権時代に桜を見る会を開いているからね。モリカケにしろ桜を見る会にしろ、安倍さんに問題が生じても、選挙で他に票を入れる党が無い事の方が日本の大問題なのだ。またマスコミもこんなくだらない事に時間割かないで、こんな事していていいのか!と野党の尻をひっぱ叩いて議論すべき問題に向かわせ、自民党に対抗できる真摯な党を応援しなさいよ。後、沢尻エリカさんの報道を優先しないで、米国が在日米軍「思いやり予算」の4.5倍増を要求している事の方をマスコミが大々的に報じるかどうかが見ものだ。もし日本が払ったら、「日本はアメリカの言いなりだ」とまたマスコミが騒ぐだろうが、仮想敵国の中国の軍事費は2019年3月時点で約19兆8千億円。日本は防衛費5兆円。単純に考えたら、中国と渡り合うにはあと15兆円くらい日本は防衛費が必要。そこをアメリカが日本を守ってくれる「思いやり予算」が4.5倍請求されても約8640億円。15兆円払って思いやり予算4.5倍増を断るべきですかね?トランプさんは選挙の公約に挙げているから本気ですよ。払いたくなくて中途半端な駆け引きをしたら、シリアの様に米軍が急に撤退し、トルコの様に電撃的に中国・ロシアが攻めてくるなんて事もあるかもよ。共和党が反対していても実行してしまうのがトランプ政権の怖いところ。来年は習近平さんを「国賓」として日本に招く事になった。これはアメリカに対する遠回しな牽制表現も含まれている気がするのは私だけでしょうか。桜を見る会からまた話がだいぶそれました。

ラーショのラーメンが急に食べたくて綾瀬市にやって来た。ラーメンショップ綾瀬店には立派なチャーシュー丼があるらしいので、それもお目当てである。

駐車場に単車を停めて店内に入ると、店内は倉庫に厨房を構えてカウンターと椅子を置いた様な印象を受ける不思議な空間である。カウンター席に男性客が5人、椅子間を空けて座っている。食券機で食券を購入し、奥のカウンター席に座り、食券を店員に渡す。店員は3人。調理が2人、掃除1人。

厨房の広さに対して作業台が小さく、男性店員達が密集して調理作業し、FM横浜の番組を聴きながらもう一人の女性店員が何も無い広範囲スペースをのびのびブラシがけをしている奇妙きてれつな光景。

卓上には豆板醤におろしニンニクと酢が置いてある。画像は裏になっていて見えていないが、ラーメンショップのシールがきちんと貼ってある。

ラーメン 450円 チャーシュー丼 300円

ラーメン

今だにこんな良心的値段で出している店はなかなか珍しい。

具材はチャーシュー、ネギ、ワカメ、海苔とラーショのスタンダードトッピングが網羅されている。

醤油タレ、豚骨出汁ともにラーショではライト系に入る濃度。良く言えば優しい味。悪く言えば醤油を少し足したくなるような味。チャーシューは厚みがあり歯ごたえがあるもの。中盤からおろしニンニクをドバッといれてパンチ力を増加していきたい。

麺は柔らかいラーショお決まりの細麺。相変わらずニュルニュワしている。柔らかいからあまり噛まずに飲む様に食べる。

チャーシュー丼 

綾瀬店と言ったらこのコスパの良いチャーシュー丼らしい。ラーメン丼と同じくらいの丼に大量に千切りに切られたチャーシューが盛られている。これ単品でもいけそう。ぎょうてん屋のチャーシュー丼が懐かしい。

食べやすく千切りに切られたチャーシューとネギ。味付けは醤油とごま油。チャーシューとご飯の量は300円とは思えない程多い。醤油がめっちゃ濃い味付けなので、しょっぱ過ぎて完食は無理ゲー。途中からこの味濃いチャーシューを、味が薄いラーメンスープに入れて一緒に麺と食べると、らーめんがちょうど良い塩分バランスになる事に気付いた。

↑ラーショ好きは行ってみなよ。

ラーメンとチャーシュー丼の塩分濃度があまりにもギャップがあってびっくりした。ラーメンとチャーシュー丼をフュージョンさせるやり方を編み出したので、参考にされたし。いくら魅力的な丼でもしょっぱ過ぎるのはちょっとね。だが、安くてボリュームがあるので人気があるのはわかる。厚木ラーショでもこのチャーシュー丼を意識して欲しいな。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)