横浜らーめん東名家

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

ラグビーW杯 ▽1次リーグA組 日本2821スコットランド(13日・横浜国際総合競技場)世界ランク8位の日本が、史上初の8強進出を果たした。1次リーグ最終戦で同9位のスコットランドに2821で勝利した。第2戦で格上のアイルランドを撃破し、勢いに乗ったフィフティーンの戦いは、新次元に突入した。

凄い迫力。一生懸命なプレイ。俺はラグビーにわかファンとして完成してしまった。スコットランドから台風で試合を中止にしたら訴えるとか言われちゃってたけれど、これで文句無く正々堂々とベスト8だね。日本は強いと言うことを世界が認めざるを得ないわな。ちなみに俺のお気に入りの選手はバックスの松島幸太朗選手。あの緩急あるバネステップは美しいのですよ。今夜の南アフリカ戦が楽しみ。

凄〜く久しぶりに横浜らーめん東名家にやってきた。いつの間にか夜の2時まで営業しちゃってるし、メニューが増えちゃってるし、何かが変わった予感がする。

カウンター席に座り食券を渡す。店員は2人。客は2人。

店員も前とは違う様な気がする。この店の店長は一体誰なんだ。

俺のらーめんは5分程で到着した。

横浜らーめん    650

俺が愛していたリニューアル前の東名家とはもはや全く違うラーメンだけれども、もうその事は置いておいてと。チャーシュー、卵、ほうれん草、海苔、ネギ。値段の割に具材がしっかり多い印象。では、久しぶりにいたただきます。

スープはライト系の家系ラーメンで以前ほど醤油ダレがキツくなく、塩分バランスは良く仕上がっている。良く言えば他の家系のどこにも流派は属していない味でオリジナル色があるラーメンとは言えそうなのだが、味がぼんやりしていて材料費安く作られたと感じる動物出汁スープなのは前と同じ。まあ、味が薄いと感じたら卓上の醤油ダレを足しゃー良い話だから、この卓上ラーメンダレシステムは万人に都合が良い。もっと脂を多めにすれば俺好みになるかな。チャーシューは肩ロースチャーシューでややパサついており、味玉は普通の半熟と言ったところ。

壱七家の麺が細くなった様な麺。茹で加減が硬めだと食感が良く似ている。このタイプの麺は味はあまり美味くなく、どちらかと言うとワシワシとした食感の良さで食わせるタイプなので、このライト系には合わずもっと濃厚なスープに合うと思う。

↑変わったな。

かなり以前来た時に感じた弱点が改善されていてびっくりした。常に店を成長させようとする店長の心意気は気に入った。メニューもかなり増えていて、深夜2時までの営業スタイルはぎょうてん屋を思い出す。気のせいか何か個人店っぽく無くなったんだよな。スープ、麺、チャーシューや味玉のクォリティからして材料費はかなり抑えられている印象だが、その分値段を安めに設定し、トッピングを多く提供しているのがこの店のスタイルと言ったところか。客も以前より増えている印象であり、味の好みが合う人は素直にリピートしそうである。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)