横濱飯店

Pocket

【住所】神奈川県茅ヶ崎市

HP食べログ

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は4日、「逃亡犯条例」改正案を正式に撤回したと発表した。姿勢を転換させて長引く混乱を収拾したい考えだが、混乱緩和に役立っても終止符を打つには至らない可能性がある。正式撤回は活動家らが掲げる5つの主要な要求の1つにすぎない。要求はほかに、警察の暴力に対する独立機関の調査や逮捕者に対する恩赦、普通選挙の実施などがある。民主派の議員、クローディア・モー氏は長官の発表後の会見で「長官の譲歩は小さ過ぎ、遅過ぎだ。ダメージはすでに生じた。香港の傷口からはまだ血が流れている」と述べた。民主化活動家らのオンラインフォーラムで抗議行動を組織するのにも使われるLIHKGでは、「5つの要求のうち2つに応じると言う。受け入れられるか?」との書き込みに、15分未満の間に415の否定の反応があった。撤回は市民の怒りを和らげ暴力が弱まるかもしれないが、民主化拡大および警察対応の説明責任に対する要求を鎮めるものではないと、嶺南大学のサムソン・ユエン助教授(政治学)は語った。

中国政府は絶対に条例改正案を撤回しないと思っていた。おそらく中国政府もこの問題が長期化、泥沼化していく事を嫌ったのだろう。そのくらい現在の中国は懐具合が悪化している可能性もある。そして、さらに北京やウイグル、上海など他の地域にもデモが飛び火する事を恐れているのだろう。もし中国全土で大規模デモが起こったらあの人数をとても防ぎきれない。だが、中国は香港人の5つの要求に対してまだ1つ応えたに過ぎない。よって残り4つの要求を求めてデモはまだまだ続くだろう。また、1つの要求に応えてしまった事で民主化の波はさらに勢いづく。一部の香港人が暴徒化しているのが心配だ。香港の資産家達は既に海外に逃げられたが、資産を持たぬ人々は残って戦うしか無い。しかし、中国政府はこれ以上の要求や暴徒化に対しては天安門事件の様に強硬手段に出る可能性もある。だからそうさせない為にも世界中で香港に注目しよう!中国全土が平和に民主化される事を切に願う。

茅ヶ崎駅近くの路地裏にある

「肉ソバ」で有名な中華料理屋の、

「横濱飯店」に14時前にやって来た。

店の前には、

既に5人程の行列が出来ている。

店内は満席で、

大将ひとりで調理をやっている為か、

客の回転はめちゃ遅い。

それでも客が待つのは、

やはりこの店の料理が旨いからなのか。

隣の中華料理屋はガラガラじゃないか。

一体何が違うんだ?

20分程待つと、

店内に入れた。

クーラーがしっかり効いている。

カウンター席に通されて、

有名な肉ソバを注文した。

どうやら肉ソバの大盛は出来ない様だ。

左隣の客は、やはり肉ソバを食べている。

右隣の客は野菜炒め、

その隣は中華丼、

さらに隣はチャーハン、

その隣はレバイタメを食べている。

思ったより、

肉ソバに注文が集まる訳でも無いみたい。

かと思ってたら、

後続客は肉ソバ注文の嵐だった。

遠方から来た客は

噂の肉ソバを頼み、

地元常連客は

それ以外を頼む傾向にあるのかと感じた。

BGMは大将の調理する音と、

ブーンと扇風機の音、

かちゃかちゃと皿が鳴る音のみだ。

列に並んでから、

どのくらい時間が経っただろうか。

それにしても、

食べている客がなかなか帰らない。

客の回転が悪過ぎる。

このガラスの向こうでは、

大将が炎を操っている。

暑そうだし、

めちゃくちゃ忙しそうだ。

大将と女将さんとお姉さんが働いている。

常連客が多い様で、

帰り際に大将と

親密な言葉を交わす人が多かった。

注文から18分程で、

肉ソバが到着した。

肉ソバ   850

トロミがかかった

餡かけそば。

具材は、

豚肉、白菜、キクラゲ、青菜で

盛りっぷりがなかなか良いね。

激熱!!

スープと餡が熱々過ぎて、

少しずつしか食べられない。

熱くて、

デカイキクラゲを頬張った時は、

おでんを食べる

ダチョウ倶楽部が頭に浮かんだ。

そして、思ったより

具材のボリュームが結構ある。

さらにオイリーな餡が

スープの熱をなかなか下げないから、

熱々フーフータイムが

なかなか終わらない。

熱すぎて、

速く食べられない。

客の回転が悪いのは、

大将だけではなく、

これが真相だったのかと。

少し熱が冷めてくると、

味わう余裕が出てくる。

肉や野菜などの甘みが

鶏がらスープに移り、

醤油ダレで整えられて、

美味しい餡掛けそばだ。

あれだけ熱々なスープに

長時間浸されているのに、

意外にのびない極細麺。

柔らかな食感で、

餡がよく絡む。

よく絡むから、なおさら、

これまた熱いのよ。

味は美味しい

普通の街中華だったのだが、

この店の異常な繁盛ぶりは何だろう。

口中に広がる高熱と、

具材量が多めな事と、

大将の愛想が良く、

常連客が多い。

そしてたまたまなのかもしれないが、

地元の常連らしき人達は肉ソバではなく、

他の定食を食べていた。

つまり、

実は一番人気の肉ソバよりも、

他の定食に大将の調理技術が

光っているのではないかと推察する。

次に来た時は定食を食べてみよう。

上顎と舌にⅠ度の熱傷を負いつつも、

スープまでゴクリ。

近隣の店は、

店外でアイスでも売った方が儲かるね。

今の僕は冷た〜い

アイスが無性に食べたい〜!

ごちそうさまでした。

4 thoughts on “横濱飯店

    1. カピ 投稿作成者

      そっちも気になりました。通の方はそちらなんですね。

      返信
      1. なみたく

        肉そばの肉が椎茸になっただけなのですが、
        椎茸の出汁なんでしょうか
        肉そばとは全く違った味でなんとも言えず
        美味しいんです

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)