板そば 喜右衛門

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

厚生労働省は27日、公的年金の長期的な給付水準を5年に1度試算する財政検証の結果を公表した。少子高齢化を受け、標準的なケースで約30年後にモデル世帯の年金の実質的な価値は現在の65歳と比べ2割近く目減りする。基礎年金(国民年金)部分に限ると約3割低下。現役世代の平均手取り収入に対する年金受給額の割合「所得代替率」は現在の61.7%から50.8%で下げ止まる。政府は「代替率50%維持」を掲げており、経済成長が見込めれば制度は持続可能と示した形だ。

将来の低年金者を減らすため、厚労省は厚生年金を適用する労働者を拡大する考えだ。現在、厚生年金は(1)従業員501人以上の企業に勤める(2)労働時間が週20時間以上(3)月額賃金が8.8万円以上―などを満たす労働者を対象にする。これらの要件について、3つの仮定を置き、どれくらい所得代替率を押し上げるのか確認する「オプション試算」を財政検証に合わせて実施した。1つ目は月収5.8万円以上の短時間労働者すべてを対象にした場合だ。新たに1050万人が厚生年金に入る。この場合、将来の所得代替率を45ポイント引き上げる効果がある。また厚生年金を適用する企業規模の要件を廃止し125万人を適用する場合で0.40.5ポイント、賃金要件もなくして325万人が新たに加入する場合で0.81.1ポイント、それぞれ所得代替率を押し上げるとした。国民年金(基礎年金)の保険料を納付できる期間を延長することも所得代替率の引き上げに大きな効果がある。60歳から65歳まで延長した場合、所得代替率は7ポイント弱上がることが試算で示された。ただ国民年金の財源の半分が税金だ。納付年数が延びた分にあわせて年金を増額すれば、必要な税金も増えるため実現へのハードルは高い。一方、働いて一定の収入のある高齢者の年金を減額する仕組み(在職老齢年金制度)の見直しは所得代替率を下げるとの結果が出た。65歳以上の減額をやめて年金を増額すると0.30.4ポイント程度下がる。将来世代にあてる年金財源が減ってしまうためだ。給付抑制の強化は慎重姿勢だ。「給付増の抑制ではなく、支え手を増やすことなどで給付をいかに確保するかが今後の課題」。厚労省は27日に公表した財政検証の関連資料でこう明記した。現役世代の減少などに合わせて給付額の伸びを抑える「マクロ経済スライド」がフルに発動した場合の所得代替率を試算しているものの「参考」にとどめた。厚労省はこうした試算を踏まえ、将来の年金給付水準を底上げする効果が大きい厚生年金の適用拡大を急ぐ構えだ。

もし経済成長率マイナス0.5%の場合、2052年度には国民年金の積立金が枯渇し、所得代替率は36%まで落ち込む恐れがある事に注目。そして、今回の厚生労働省が発表したケースモデルには大きな誤魔化しがある。このデータは高齢者の多くが70歳まで働く事が前提で作られており、かつ40年間厚生年金、国民年金を満額納めた場合に20万ほどの月額支給されるのだ。なので実際は年金を納めていない人もいるのでより低くなる。今後の日本は少子高齢化の影響もありどんどん国力が低下していくであろうから、政府の勧める「自助努力」をしておいた方が良いだろう。就職氷河期世代を今まで国が積極的に救済してこなかったのもあり、将来その世代が年金を受給し始める2030年後は生活保護が急増し、さらに厳しい状況が予想される。なので、今から年金財源を増やす対策を緊急に講じなければならない。クローン人間を作成したり、若者を強制的に結婚させて多くの子供を産ませれば解決する話なのだが、まあそれは置いておいて。現実的に出来そうな事と言えば、今まで積極的に徴収してこなかったアルバイトやパート、自営業、フリーの職種からも厚生年金を徴収するのがまず1つ。そして今まで働いていなかった人達を働かせて年金を納めさせるのが2つめ。基礎年金の拠出期限延長と受給開始年齢を繰り下げが3つめ。俺は思い切って「第3号被保険者制度」や「遺族年金」をすぐに廃止すべきと思っている。サラリーマンや公務員の配偶者で、働いていない人(もしくは扶養に入れる範囲の収入で働いている人)は、公的年金制度では第3号被保険者とされ、自分で年金保険料を納めなくても配偶者が働いていれば、老後は年金をもらうことができる。また「遺族年金」とは、配偶者が亡くなった時に、残された家族に年金が支給される。何も育児中の女性、病気の人間まで徴収しようなんて言っていない。だが、女性も老人も外人も働いて税や年金を納めなければ国が成り立たないこの御時世で、女性や老人の社会進出を阻む制度はすぐに排除すべきである。また独身者からしてみれば、既婚者ばかりが優遇されるこの状況は不公平に感じるだろう。働けるのに働かず親の年金で暮らしている子もいるし、どうせ将来年金を貰えないから、初めから生活保護を受給しようとする輩もいる。生活保護にしても、本当に病気や複雑な事情で働けない人以外は保護されないようにして欲しいし、今まで納税せずに遊んで暮らしたキリギリス達に支給する必要は全く無し。そんな輩に支給するぐらいなら、生活保護支給額をもっと減らして年金財源に補充してもらいたい。年金より生活保護支給額の方が多いのはとんでもない悪法だ。起死回生一発逆転の経済政策があればこんな方法はいらないのだが、誰かいい経済政策知らないかい?それか苦しまずに死ぬ事ができる安楽死制度を用意してちょうだい。

最近は涼しくなってきたとは言え、まだ暑いのだ。そんな時は冷たいもりそばをズルッと啜りたくなる。行きつけの蕎麦屋「板そば喜右衛門」に寄った。

いつものカウンター席で、

いつものように、

漢は黙って蕎麦を待つ。

せいろ大盛        700160

風味も甘みも強い蕎麦であり、ここらで一番レベルが高い蕎麦であると思う。つまりは俺好み。

この蕎麦以外もう食べられん。

かなり濃厚なのがこの店のつけ汁で、これだけ濃厚なのは珍しく浅草老舗の並木藪蕎麦くらい濃いのだよ。相当に良い醤油と出汁を熟成させていると見た。

蕎麦湯を持ってきてくれた。「良いつけ汁は薄まらない」とよく言うが、まさにそんなつけ汁。

↑たっぷり浸かりました。

相変わらず俺の中では断トツ厚木ナンバーワンの蕎麦屋。2号店も出ないし商売っ気が無いのが良いところでもあるかもね。ごちそうさまでした。

板そば 喜右衛門」への2件のフィードバック

  1. なみたく

    こんばんは
    私つゆにドップリ浸けるのが大好きです

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)