らーめん処よなかそば

Pocket

【住所】神奈川県藤沢市

HP食べログ

101回全国高校野球選手権大会第14日 ▽決勝 履正社53星稜(22日・甲子園)履正社(大阪)が大会NO1右腕、星稜(石川)・奥川恭伸投手(3年)を攻略し、春夏通じて初の日本一に輝いた。今春のセンバツ1回戦で03で敗れた星稜にリベンジ。昨夏の大阪桐蔭に続き、2年連続で大阪勢が頂点に立った。先手を取ったのは星稜だった。2回、4番・内山壮真遊撃手(2年)の左前安打と犠打の2死二塁から岡田大響右翼手(3年)の右中間への適時二塁打で先取点を奪った。しかし、履正社がすぐに反撃する。32死から連続四球で一、二塁とし、4番・井上広大右翼手(3年)が初球のスライダーをバックスクリーン左へたたき込み、31と逆転した。星稜・奥川恭伸投手(3年)にとっては今大会初の自責点となった。粘る星稜は7回、四球と盗塁の1死二塁から山瀬慎之助捕手(3年)の左中間への適時二塁打で1点差。さらに2死一、二塁とし、知田爽汰三塁手(2年)の右前適時打で同点に追いついた。すると履正社もすぐに反撃する。内倉一冴一塁手(3年)の右中間二塁打と犠打の1死三塁から野口海音捕手(3年)の中前適時打で勝ち越し。岩崎峻典投手(2年)の左前適時打で加点し、再び532点差とした。投げては7回途中からリリーフした右腕・岩崎が星稜打線の反撃を抑え、歓喜の瞬間を迎えた。

星稜の好投手である奥川くんが注目された決勝戦。さすがに奥川くん程のピッチャーでもストレートが高く真ん中に行くと打たれてしまう強力打線。この日はスライダーのキレが特に悪く狙われていた感がある。でも好ゲームでした。履正社高校の初優勝おめでとうございます。

海老名と藤沢の境目あたりに、変わったメニューを出すという中華料理屋がある情報を受けて友人とやって来た。

狭い道をノロノロ走り店横にある狭い駐車場に車を停めた。

18時の開店とともに常連らしき他の客たちとともに店内にドドドッと雪崩れ込み、カウンター席はすぐにほぼ埋まった。

酒を飲みながら中華を食べるのがこの店の基本スタイルの様だ。

他の客たちは、ラーメンや餃子をつまみに既に飲み始めている。

麦茶が無料サービスってのが嬉しい。

壁にかかっているメニュー表。

「リコピンラーメン」

「チャーシュー玉子炒飯」などに目がいく。

「半炒飯セット+180円」、「おともラーメンセット+100円」、「麺、ごはん大盛サービス」ここらのサービスも素晴らしいと思った。

ただ今回、僕は最初からネット情報で、「チャーシュー玉子炒飯の大盛」狙いを定めて食べに来ているのだ。

チャーシュー玉子炒飯 大 900

横から見ると、「まるでチャーハンのグランドキャニオンや〜。」と、彦摩呂さんなら表現しただろう。

ちなみに友人が食べていた並盛がこれです。これを注文するのが無難ですよ。

お味は、しっとりしたラードを効かせた日本式中華の美味しいチャーハン。

肉肉しいチャーシューがたくさん乗せられていて、その下に火加減がトロトロプルプル絶妙な卵。

では、崩して絡めて頂く。

デリシャ〜ス。

おそらく大盛は並に比べて23倍くらいの量はある。

胃にチャーハンが徐々につまっていく。

チャーハンスープの代わりにこの店は味噌汁が出てくる。日本人はこっちかも。

酢豚定食 780

友人が頼んでいた酢豚定食。

ちょっと貰った。酸味、トロミが突出し過ぎず、ちょうど良いバランス。ウズラの卵としいたけが入っているのが面白い。

チャーハンを死ぬほど食いたい気分の時に来てみると良ろし。

次に来た時は、「半炒飯セット+180円」「おともラーメンセット+100円」「麺、ごはん大盛サービス」などのサービスを絡めてみようかな。

周りを見渡せば、酔っ払いたちが既にドンチャンドンチャンと宴会に突入していた。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)