火焔山餃子房

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

18日午前10時半ごろ、京都市伏見区桃山町因幡のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(3階建て)で男が放火し、爆発を伴う火災が発生した。京都府警によると、33人(男性12人、女性20人、不明1人)が死亡、男を含む36人が病院に搬送され、17人が入院した。建物内には男も含め76人がいたといい、残る7人は無事だった。警察庁によると、放火事件の被害者数では平成以降、最悪という。府警捜査1課によると、男が玄関から建物内に入り、1階で「死ね」と叫んでガソリンとみられる液体をまいて火を付けた。従業員が男の後を追い、建物から数十メートル離れた場所で伏見署員が男の身柄を確保したが、重いやけどをしており入院した。免許証によると関東地方在住の41歳で、同社での勤務歴はなく、調べに「自分が火を放った」と話したという。府警は同社に恨みを抱いていた可能性があるとみて、放火殺人の疑いで捜査している。同社の八田英明社長によると、第1スタジオは普段、専用カードを使って出入りするセキュリティーがとられているが、この日は朝から打ち合わせがあり、来客のためシステムを解除していたという。一方、府警によると、現場付近にはガソリンの携行缶(20リットル)二つと台車、手提げかばんとリュックサック、包丁数本とハンマーが残されていた。府警は男がガソリンを携行缶で現場付近まで運び、バケツのようなものに移し替えて台車で運び込み、着火したとみている。第1スタジオの受付担当者は府警に「男が入ってきて、何かと思っていたら、いきなり爆発した」と話した。事件直前に近くのガソリンスタンドで、携行缶でガソリンを買った人物がいるとの情報もあるという。府警によると、京都アニメーションから昨年、インターネットの書き込みについて宇治署に相談があり、捜査していた。男が身柄を確保されたのを目撃した人によると、男は「ガソリンをまいて(柄の長い)ライターで火を付けた」と話していたという。市消防局によると、同スタジオは鉄骨造りの3階建て約690平方メートルで、1階から3階まで全焼し、約5時間後にほぼ消し止められた。けがをした36人の内訳は重症10人、中等症6人、軽症20人。府警のまとめでは、死亡した33人のうち2人は1階、11人は2階、1人は2階から3階に通じる階段で見つかり、19人は3階から屋上への階段で折り重なるように倒れていた。多数の死者が出た火災では01年に東京・歌舞伎町で起きたビル火災で44人が死亡し、放火の可能性が指摘されたが、出火原因は特定されていない。

ここまで酷いことをされるなんて想定外の恐ろしい事件だ。建物の防火・避難設備が最悪だった。建物が螺旋階段で火が燃え上がり、煙が建物全体に充満するのが早かったのだろう。ほとんどの死者は一酸化炭素中毒であった様だ。これは自爆テロみたいなものだから防ぐのが非常に難しい。またもや犯人は色々と闇を抱えていそうな人間。企業の防犯対策を再考する事件であった。

僕を坦々麺好きにしてくれた店である

「火焔山餃子房」にやって来た。

この店の坦々麺は

白ゴマペーストがとにかく濃厚で、

超ドロドロ粘度は僕好みなのだ。

一押しは濃厚坦々麺。

韮餃子も有名だ。

店内は懐かしき

昭和の歌謡曲中心に流れる。

客層も

年配の方々が多い。

大盛は

200円追加で可能だ。

12分で

坦々麺が到着した。

濃厚担々麺 大盛 

1280200

ハテナ?

いつもの担々麺と

ビジュアルがだいぶ変わり、

色も赤く、

ゴマペーストがあまりかかっておらず、

白ゴマ感が乏しい印象。

いつもより

スープ粘度は濃厚ではなく、

サラサラしていて、

ゴマの風味はかなり激減している。

これは俺の愛していた

濃厚スープではない。

辣油が強くなり、

白ゴマペーストやスープが

薄くなった印象。

麺は縮れた細麺。

街の中華料理店で

よくありふれた中華麺だ。

今日はスープの絡みが良ろしくないので、

麺の普通感が浮き彫りになってしまっている。

残念。

作り手が変わったのか、

原価が抑えられたのか、

わからないが、

白ゴマペーストが

前回と比べて著しく減らされて、

今日の出来で言えば、

「濃厚」の看板はあげられないな。

たとえ気に入っていた店でも、

このブログでは正直に言う。

となると、

現時点で、

厚木最強の濃厚ドロドロ担々麺は

以前紹介した

あの店になるのかもしれない。

いつか確かめに行かなければな。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)