パワースポット

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は29日、大阪市内で会談し、両国間の貿易戦争を再び「休戦」することで合意した。米国は中国からの輸入品ほぼすべてに追加関税を拡大する制裁措置を見送る一方、両国は5月上旬から中断している貿易交渉を再開する。会談には、米国側からライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官、ポンペオ国務長官、ナバロ大統領補佐官(通商担当)らが出席した。中国側は貿易協議の責任者を務める劉鶴副首相のほか、外交担当トップの楊潔篪共産党政治局員、何立峰国家発展改革委員会主任、鍾山商務相らが出席した。トランプ氏は中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する制裁を緩和する意向も表明。会談の決裂で世界経済に深刻な打撃が及ぶ最悪の事態は当面回避された。両首脳の会談は昨年12月以来。20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の会場で約1時間20分行われた。ただ、貿易摩擦の解消に向けた抜本的な解決策は示されず、溝は残ったまま。今後の交渉で成果を見いだせるかは、予断を許さない。トランプ氏は会談後の記者会見で、中国との貿易交渉を続けるとした上で「新たな関税の上乗せは当面、行わない」と明言。現在対象から外れている3000億ドル(約32兆円)相当の中国製品に対する追加関税を見送る一方で、発動済みの措置は維持すると強調した。

発表された内容が全てであれば、トランプは大統領選までに結果を出したいから焦っているのか、結果的に譲歩する内容で中国ペースだと思う。しかし、依然として関税はお互いかけられたままであり、さらに関税アップの主導権はトランプが握ったままである。各国企業や中国企業は関税を逃れる為、工場を中国から東南アジアに移し始めている。中国は「世界の工場」の座を失いつつあるが、中国が見据えるのは20年の米大統領選だ。民主党の候補指名争いで先頭を走るバイデン前副大統領は5月初旬に「中国人は悪い人たちではなく、競争相手でもない」と口にした。その直後、中国はトランプ政権との妥協を拒んで「90%まで来ていた合意内容を大幅に後退させた」とムニューシン米財務長官は話している。中国の持久戦に対してトランプは今後どのようなカードを切るのか。まるで我慢比べのポーカーゲームの様だ。中国はトランプの支持率を落とす様に動くだろう。もしトランプが再選したら中国はどうするのか。

厚木にあるG系ラーメンといったら「ぎょうてん屋GOLD」か「郎郎郎」か「パワースポット」。俺はG系ではパワースポット推しなのだ。

この日の店内は満席。外にも若者たちが席が空くのを待っていて行列状態であった。

食券機で食券を購入したら、しばらく外で待つ。数分後、店員にカウンター席に通され「麺増量500g」「野菜少なめ」「ニンニク増し」で注文した。

基本的にこの店の麺は太いから、茹で上がりに時間がかかる。食券機でボタンが押された瞬間から麺茹でをロケットスタートしているから、比較的客を待たせていない。

ラーメン 大       860

ラーメンを横から撮る行為はG系の為にあるのかもな。これで野菜少なめだから。

脂ゴッテリ、醤油ダレが塩辛く効いたワイルドなスープ。スープの出汁というよりは脂量が凄まじい。お野菜を少なめにしたけれど、それでもまあまあな量のもやしと、味が超しみ過ぎている分厚い豚バラチャーシュー。チャーシューがしょっぺ〜!大盛もやしありきの醤油ダレ量だから、野菜量を少なくしたら味も薄めにした方が良かったな。しかし俺の若さはこれを全て受け止め喰らい尽くす!

モチモチした硬めの太麺に、強力な縮れが加わり独特な食感を作り出している。俺はこのコシのある太麺が好きなんよ。ちなみにつけ麺の麺とは違う麺。500gに増量しているから早く食べ進めていかないと麺がスープを吸ってさらに増量してしまう。早食いじゃい!

↑画像をタップして食事動画を視聴できます♫

食べ終わる頃には、またこんな量を食べてしもたと後悔。ただ、しばらくしたら「食いてえ〜!」とまた繰り返すこのパターン。俺専用のパワースポットカスタムラーメンを探り続けている。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)