厚木家

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

窃盗などの罪で実刑が確定した小林誠元被告(43)=神奈川県愛川町=が収容を振り切って逃走した事件で、元被告が逃走の際に乗っていた黒色の乗用車「ホンダ・フィット」が19日夜、愛川町の隣の同県厚木市で見つかった。元被告は車を乗り捨てて逃走中で、身柄の収容を担当していた横浜地検は公務執行妨害容疑で逮捕状を取った。小林容疑者の知人が同容疑者を車に乗せて同県大和市で降ろしたとの情報もあり、県警は指名手配して行方を追っている。厚木市と愛川町の教育委員会は、計45校ある公立小中学校で20日の児童生徒の登校を取りやめ、休校とした。保釈中だった小林容疑者は19日午後1時半ごろ、身柄を収容するため訪れた横浜地検担当者らを刃物で威嚇して振り切り、車で逃走した。数時間後、容疑者の車が相模原市内を走行し、東名高速道路横浜町田インターチェンジに進入。午後6時過ぎに同県大和市内の東名道下り線を走行している様子が確認された。走行経路は同県海老名市内付近で確認できなくなったが、県警は午後11時半ごろ、厚木市三田のアパート敷地内で小林容疑者の車を見つけた。容疑者の自宅から約7キロ離れた場所で、このアパートには知人が住んでいたという。車内には逃走時に着ていたとみられる白っぽいシャツが残されていたが、逃走時に所持していた刃物は残っていなかった。県警が付近を調べると、同市妻田南のコンビニの防犯カメラ映像に午後645分ごろ、小林容疑者とみられる男が映っていた。逃走時と異なる黒っぽいシャツを着ており、逃げる中で着替えたとみられる。小林容疑者は昨年9月に横浜地裁小田原支部で懲役38月の実刑判決を受け、控訴も棄却され、今年2月に実刑判決が確定した。保釈中だった容疑者は判決確定後、再三にわたる出頭の求めに応じていなかった。19日、地検が事態を公表したのは逃走してから3時間ほど後だった。緊急配備は4時間半後。

ある意味、逃亡犯よりも横浜地検、厚木警察の大失態の方が腹ただしい。そもそも実刑が確定して逃亡の恐れがある者を裁判所が保釈にした判断もよくわからん。たとえ刃物を振り回していたとしても7人もいて取り逃がすなんて警察官として情け無い。また逃げてからの対応が隠蔽体質含め粗末過ぎて恥ずかし過ぎる。厚木警察署は軽犯罪だからって調書も取らず捜査もしてくれないくせに、こんな全国レベルの一大事な時までまともな仕事をしないのか。普段の怠慢な体質が仇になりましたな。市民は怒っております。厚木警察の力を拝見してみましょう。これを機にやり方、考え方を改めてください。軽犯罪でも捜査して下さい。

家系ラーメン総本山「吉村家」直系である

「厚木家」に行って来た。

246沿いの厚木が誇る行列店。

駐車場が少ないのが難点。

その時は、

店の数百メートル手前246沿いに

タイムズがあるので、

利用すると良いかも。

階段を登り、

2階の店内に入り、

食券機で食券を購入した。

店員に食札を渡し、

「麺硬め」で注文。

給水機の前を塞がない様に、

立派なカウンター席の背後に並ぶ。

これ食べている側からすると、

背後にずらっと立たれているのが、

非常に落ち着かないんだよね。

厨房での、

豪快で威勢の良い調理風景を見ながら、

やがてラーメンが到着した。

店内風景の撮影は禁止なので、

またいつもの特殊なルートから入手した

画像を使用する事にする。

ラーメン中盛うずらの卵        80070

今日のスープは、

いつもより

直系らしい醤油ダレが抑えられた

マイルドなスープ。

この店のスープは、

来るたびに作り手によって

毎回味が違う気がする。

けれど、

今日は僕にとっては当たりの日だ。

うんめぇ〜!

具材は、

スモークチャーシュー、ほうれん草、海苔、ネギ、うずらの卵。

うずらの卵が以前来た時より少ねぇな。

具材の盛りっぷりも、

作り手により結構変わるのだ。

茹で加減を硬めで注文した

酒井製麺王道の中太平打ち麺。

モチモチしたお馴染みの食感。

王道の麺だね。

昔と比べて、

醤油ダレが濃いめで、

トッピングがドバァ〜と盛られた感じの

インパクトが無くなった感がある。

が、

スープは、

バランスが整った

非常に良い感じになってきた。

横浜まで行かなくても、

直系の家系ラーメンを食べる事が出来る

厚木家は、

県央地区のらーめん野郎達において、

かなり重宝する店である。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)