サイゼリヤ

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP】食べ

厚生労働省は、紹介状のない患者が初診でかかる際に5000円以上の追加負担を義務づける病院を拡大する検討に入った。現在は400以上のベッド(病床)を持つ病院が対象で、この基準を引き下げる。具体的には200300床以上を基準とする方向だ。追加負担が必要な病院を増やすことで、軽い症状で大病院を受診する外来患者を減らす。

町医者でも診られるような病気、怪我でも大きな病院で診てもらいたい希望は多い。しかし、皆が大病院に来てしまうと、本来大病院の役目として診るべき重病患者が診られなくなってしまう。まずは町医者にかかって指示を仰ぎましょうと言うことでしょうね。金持ちは別だな。

「サイゼリヤ」なのか「サイゼリア」なのか、たまにわからなくなる事があるが、確認すると「サイゼリヤ」が正しい様だ。現在やっているフェアは「ジェノベーゼ」で、中々頼む事が少ないパスタ。でもこのサイゼリヤのフェアは勉強になるから気に入っているのだ。

そして、これまた来ると必ずやるのがこの卓上にある「間違い探し」料理が来るまでに10個の間違いを全て見つけられたならこちらの勝ちだが勝った事は無い。

「ジェノベーゼ」と言うと日本ではバジルを使用した緑色のパスタを想像するけれど、イタリアでは牛肉ワイン煮込みソースの様な茶色いパスタをジェノベーゼと言うらしい。大昔、ジェノヴァからナポリに来た料理人が肉を煮込んだ茶色いソースを作ったから、そのソースが「ジェノベーゼ」と呼ばれる様になった。

緑のパスタはペスト・ジェノベーゼと言って、「ジェノヴァ産バジリコを使用した調味料のパスタ」という意味だそうだ。どうやら日本では間違って伝わってしまったらしい。「ペスト・パスタ」という名前なら間違って無かったのかも。やがて料理が到着。間違いは7個まで見つけたが、また俺の敗北が決定した。

ナポリジェノベーゼ 499円

では真の「ジェノベーゼ」を味わってみようかね。

見た感じは、玉ねぎ、人参、豚肩肉、パルメザンチーズ、イタリアンパセリ。

長時間じっくりと煮込まれた豚肉の旨味と玉ねぎと人参の甘みが強くソースに出ている。それに塩とチーズが全体の味を調えている。

麺は1.6〜1.7mmスパゲティーニ。本場ではマカロニや太いパスタを使用する事が多いらしい。

↑画像タップで動画が観れる!

俺ら日本人はパスタを知っている様で一部しか知っていなかったみたいだ。時期や地方でかなり味に違いがあるみたいだから、この様なパスタは実に面白い。サイゼリヤのパスタフェア是非続けてくださいな。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)