壱角家

Pocket

【住所】神奈川県伊勢原市

HP食べログ

トランプ米大統領は5日、中国の知的財産権侵害などを理由に2000億ドル分の同国製品に課す関税を、10日から現在の10%から25%に引き上げると表明した。米中は201812月から貿易協議を開いて打開策を探ってきたが「交渉が遅すぎる」として制裁強化に転じる構えだ。最終協議を前にした威嚇との見方もあるが、米中の貿易戦争が一段と激化する懸念がある。米紙ウオール・ストリート・ジャーナルは6日、8日からワシントンで予定する閣僚級の米中貿易協議を中国が取り消す検討をしていると報じた。報道によると、中国政府はまだ取り消しを決めていないが、関係者が「中国は頭に銃を突きつけられて交渉はしない」と語ったという。

このままだと近い未来に中国がアメリカを抜いて世界トップに立つ。2030年にはアジアの国が経済的に世界トップ10にかなりランクインされる事が予想されている。だから優位な今のうちに閉ざされた中国社会をこじ開けて何とか投資をしたいアメリカ。トランプは賭けに出た。だが、交渉は足元を見られたら終わりだ。本音は、大統領選があるから株も暴落させたくない。今すぐ協議を決めたいアメリカと引き伸ばしたい中国。明日は世界同時株安決定か。書きたい事はたくさんあるが、長くなるからやめとこう。

GW最終日は渋滞もなく、ツーリング日和。秦野方面から厚木方面へと246をバイクで走っていると、「横浜家系ラーメン」とデカく目立つ看板が目に入った。

派手な看板は人を惹きつける。駐輪場に単車を停めて中に入ると、食券機で、食券を買う様に指示される。

タッチパネル式の食券機で食券を購入した。広い店内だ。

入って右側奥の2人掛けテーブル席に案内された。

麺硬め指定で注文を済ませた。

中国系外人店員が研修中の様だ。店員は優しく教えてる。

窓側には、4人掛けテーブル席もある。

卓上調味料に、刻み玉ねぎがある。

スープが冷めるから、少しずつ入れてくださいと。

6分程でラーメンが到着した。

家系ラーメン 大/塩  790円

朝から何も食わずに走り続けた。

腹減った〜。

スープは熱く、壱系特有の乳化したクリーミーポタージュスープ(CPS)だ。

他の壱系より少しアッサリしてる様子で、トロミはあまり感じない。

このCPSスープはシンプルに塩でいくのが僕好み。

具材は、肩ロースチャーシュー、ネギ、ほうれん草、ウズラ、海苔。

海苔は半分にカットされているものが3枚。良く言えば食べやすい、でも他店に比べて、量は半分。

うどんのような極太平麺。

硬めで頼んだら、まだ少し半生って感じだった。

ライスは無料サービスで、おかわり自由。

事前にこれを知っていたら、麺大盛にはしなかった。

パサパサした米でスープを良く吸うからナイスな炊き具合。

腹が減っていたのもありなかなか旨かった。この味も今ではどこでも食べられる様になった。それがどんな未来になっていくのか。

この店はライスがサービスでお得感があった。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)