光家

Pocket

【住所】神奈川県横浜市

【HP】食べログ

サッカーのアジア・カップは大会最終日の1日、当地で決勝があり、日本(F組1位)がカタール(E組1位)に1―3で敗れた。日本の2大会ぶり5回目の優勝はならず、カタールが10回目の出場で初優勝を遂げた。

カタールの先制点と追加点は身体の寄せが甘くプレッシャーをかけられなかった事から生じた。2つのビッグシュートを許し試合の主導権を奪われた。リードされた日本は人数をかけて攻めるも自陣に引いたカタールをなかなか崩せなかった。中央で大迫へのパスがなかなか収まらずタメができず、最後の決定力に欠けた。個人的には、突破力の低い堂安を早めに下げて、右に原口、左に乾を入れて欲しかった。大迫にマークが集中していたので南野、武藤に決めて欲しかったが残念。ここにもし中島がいたらと悔やまれる。

北陸で異例の早さで春一番が吹き、ポカポカ日和のバイク日和。

バイクを走らせて、横浜市西区にある家系ラーメンの光家に行って来た。

カウンター席のみの店内には若い男性客が多い。

店員3名程で切り盛りしている。

100円プラスしてのキャベツラーメンが売りの店の様だが、俺はラーメンにキャベツ入るのは苦手なんよ。

注文すると、サービスの殻付きゆで卵を出された。

他の客もラーメンが出るまでに、殻を綺麗にむく作業に没頭する。

フリーで麦茶が飲める。

昔は厚木の梅家舎弟でもこのサービスがあったが、それに比べても濃いめの麦茶である。

5分程でラーメンが到着した。

ラーメン    700円

麺を硬めで注文。

チャーシューがかなり大きいですな。

豚の旨味がしっかりと出ているスープ。

タレとスープと油のバランスが良い俺の大好きなバランス系の家系ラーメンだ。

厚木で言ったら「勤ちゃん」や「梅家」のスープに近い感じ。

麺は家系ラーメン王道の中太平打ち麺。

想像しやすい安心定番のあの麺である。

この御肉柔らか~い。

味付けはシンプル。

滑らかな舌触りでさっぱりしている。

チャーシューの質高し

ほうれん草は柔らかめに茹でられていて、海苔は家系ラーメンらしい海苔。

ゆで卵の中身は完全に火が通っているタイプだった。

いいスープバランスのラーメンを出している店だった。

チャーシューも大きいし質が高いし、麦茶やゆで卵などの何気ないサービスで、客心を揺さぶられた。

素晴らしい店。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)