壱七家

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

2018年第69回紅白歌合戦の曲が紹介された。DA PUMPはやはり今年ダサかっこいいで盛り上がった「U.S.A」で登場。当初は米津玄師が出ないとするとDAOKOの「打ち上げ花火」の2番は誰が歌う?代役は北島三郎(笑)しかいないと思っていたが、本人が出ることになったので納得した。今年売れているミスチルも宇多田ヒカルもback numberもワンオクも出ないのは残念。Suchmos良いが、歌うならStay tune in 東京 Friday night〜♬でしょ〜?大人の事情で何だか残念なNHKサッカーW杯テーマ曲の方を歌うみたいね。それにしても日本の音楽業界はアイドルばかりで超ダサい。

寒くなってきて、身体が温まる料理を食べたくなる。厚木中央図書館に行った後に、駅前の家系ラーメン店の壱七家に入った。

入口の食券機で食券を購入。この店ではいつも塩ラーメンを頼む。塩ラーメン大盛の食券を威勢の良い店員に渡した。カウンター中央付近の席に案内された。荷物は床に置いてある籠をお使いくださいとのこと。サッと水も一緒に出してくれた。

駅前に「壱六家」を元祖とする壱系の家系ラーメンはこの店だけであり、若い男性客を引き寄せている。

厚木における壱系ラーメンの歴史は、南口からソニーの方までかなり歩いたところに「壱六家」があって、その壱六家が商標権の影響で株式会社トイダックが運営する壱七家に変わった。厚木には一時期に壱六家、壱七家、壱八家と名前は似ていてもスープが全く異なる店が存在していた。

結果、壱六家が敗退して、壱七家は現在は2店舗。壱七家系列の「魂心家」は全国24店舗と魂心家の方にウエイトを移動させて経営店舗数を拡大している気がする。壱六家大和店出身の店主が壱六イズムを継承した「源絆家」を壱六家跡地でやっているから厚木は未だに壱系ラーメンの戦場だ。最近では同じく壱系チェーン店の「町田商店」が厚木に進出してきたよね。今後はどうなっていくことやら。元祖本家の壱六家は今何を思う?

ラーメン(塩)   大盛680円+100円

やはり水色の器が一番家系ラーメンらしいな。

トロリとしたポタージュの様な乳白色クリーミースープ。このメチャメチャ豚骨が乳化しマクリマクリスティーのスープには塩が1番合っていると思う派である。

中太の縮れ平麺は硬めで注文。きしめんが太くなってモチモチゴワゴワした感じで噛みごたえあり。

脂身がかなり多めの豚バラチャーシュー。噛むと柔らかくてジューシーな甘みが出てくる。

↑画像タップでクリーミーポタージュ視聴♩

昔は「壱六家」で無ければ食べられない独特な家系ラーメンだったのだけれど、今では壱七家、魂心家、町田商店、松壱家、ゴル麺、壱角家等とどこでも食べられるようになり、特別感が著しく減少したのは確か。一時期の「どさん娘らーめん」の様に同じ様な味が次々と増えていって味が飽きられて、最後は共倒れになる気もしないでもない。ちなみに壱七家、魂心家と町田商店がラーメン680円、松壱家780円、ゴル麺880円、壱角家730円。精密にこれらの店を比べた事は無いが、微妙に値段も出店場所も異なる。この壱系ラーメンチェーン店でどこが勝つのか見どころである。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)