熟成豚骨ラーメン まる金

Pocket

【住所】神奈川県愛川町

【HP】食べログ

高齢化に伴う需要増に逆らうように介護施設の空きが目立ってきた。首都圏の特別養護老人ホーム(特養)の入所状況を調べたところ、待機者の1割に相当する約6千人分のベッドが空いていた。

この記事を見る限り、施設を増やすのでは無くて、介護士をもっと増やさなければならないのかなと思った。だが、そう言われてから何年も増やせていないのが、この問題の難しさか。ユニット型なんか高級路線は特養に求めてないのよ。そんなのは民間でいいのですよ。いまいち特養へのニーズをわかってないよね。東京→伊豆くらいだったら見舞いに行けない程の距離では無いと最初は思ったけど、確かに頻繁に通うのは無理だよね。入居したら実際は、寂しいからもっと見舞いに来てだの、施設から書類にハンコをくれだの、テレビ代、飯代、オムツ代を払いに来いだの、病状を説明するから来いだの、色々と通う事が多いのをわかっているから皆近くの施設を希望するんでしょうよ。健康でピンピンコロリが1番!

12月13日(水)に開店したばかりの店に行ってきた。内陸工業団地内近くの「味噌の金子愛川店」がリニューアルした。お昼時とあって駐車場は満車。

店内に入ると席も満席で、レジ横にある紙に名前を書いて待つ。満席で諦めて帰って行く客も多かった。5分程でカウンター席に案内された。

メニューを見ると「特製まる金ラーメン」が一推しメインの様な感じだな。自家製チャーシューも推している。おすすめはつけ麺と書いてあるが、画像が小さいのは何故?

塩らーめんに、辛いやつもある。まあ、でも初来店だし、いきなりはこっちじゃないでしょ。まずは基本を知るべし。

餃子、唐揚げ、替玉など。唐揚げを出すラーメン店が多くなったな。

豚骨ラーメンなのに、卓上調味料にニンニクや紅ショウガがないのは寂しい。

俺の座るカウンター席はこんな感じで、

背後にテーブル席。壁の手書きの絵が何か懐かしい感じ。おかわり自由コーナーは無くなった。店が混んでいたので、注文から14分後にラーメンが到着。

特製まる金ラーメン 700円

基本の「まる金ラーメン」に30円プラスでこれだけ具材が違うなら、皆こちらを頼むわな。「まる金ラーメン」はこれの引き立て役か。頼む人はいるのか?

大量のラード背脂がゴッテリと表面に浮いている。ほぼ透明の油状に溶けているからラードの方が多いのかな。タレの味が薄めで、脂のマイルドな甘みが突出したスープ。ただ、脂の味が前面に出過ぎて、ベースの豚骨スープがあまり感じられない。

博多ラーメンの様な極細麺。素麺の様な柔らかい茹で加減。もう少し噛みごたえのある太いたまご麺の方がこのスープには合っている気がするが、周りが工場地帯で、労働者の昼休みに合わせて茹で時間が早い細麺を選択しているのかもしれない。

具材はチャーシュー、ねぎ、メンマ、味玉、キクラゲ、ゴマ。千葉県産の高級醤油に丸一日漬け込んだと言うチャーシューは、スープやタレに使われた後のチャーシュー感がある。博多ラーメンに入っている様な薄いチャーシューで、言うほど味はしみていない。メンマは市販によくある酸味がある味付け。底の方にはそぼろ肉が入っていた。

↑画像タップで動画視聴♩

簡単に言うと、豚骨ラーメンに背脂・ラードを大量に入れたラーメン。残念ながらこのラーメンからは「熟成醤油」具合はあまり伝わってこなかった。メインに伝わってきたのは脂の味。醤油を味合わせたいなら脂が邪魔だ。似ているタイプは「ばんからラーメン」とか「汁力」系のスープかな。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)