海老らーめん 肇

Pocket

【住所】神奈川県海老名市

【HP】食べログ

神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられたワゴン車が後続のトラックに追突されて夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)=福岡県=の裁判員裁判で、横浜地裁(深沢茂之裁判長)は14日、危険運転致死傷罪の適用を認め、懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡した。

この裁判の最大の争点は、運転中の行為に対する処罰を前提とした危険運転致死傷罪が、停車後の事故に適用されるかどうか。検察側は被告のあおり運転によって一家は車を停止させられ、結果、死傷が生じたと主張。危険運転致死傷にあたるとし、監禁致死傷罪と強要未遂罪も合わせて懲役23年を求刑した。一方、弁護側は、事故は車を止めた後のことで運転中が前提のこの罪は成立しないとした。検察側は危険運転致死傷罪が適用されなかった時に備えて、監禁致死傷罪の適用も予備で用意した。

平穏に暮らしていた家族が、身勝手な男の行動によって無情にも引き裂かれてしまい、何とも居た堪れない事件であった。子供を残して亡くなった両親、御遺族の無念を思うと怒りがこみ上げる。今判決の刑が妥当か軽いかは置いておいて、御遺族が真に望んでいるのは只々両親を返して欲しいのみであると思う。被告の車に同乗していた女性の供述では、夫婦が無くなった事故後も去年4月末から8月末で10回以上あおり運転を反省無く繰り返していたらしい。不起訴処分になったトラック男性運転手(63)も前方不注意で悪いとは言え、充分に反省謝罪しており、もし自分がトラック運転手の立場だったらと同情する部分もある。また、石橋被告が任意保険に入っていたかわからないが、今回のケースでは容疑者は車に乗っていたわけではなく、車外に出て危険な行為をした。そのため任意保険と自賠責の対象にならない可能性が高いらしい。あくまでも仮説だが、まずはトラック運転手が保険から賠償金を全額払い、そのうちの何割かを被告が払うことになると考えられる。はたして何割か払えるかな?18年服役中、石橋被告に何らかの強制労働をさせて、得た資金を御遺族に送金できないかと思ってしまう。この事件であおり運転の罪深さやドライブレコーダーの必要性が世に伝わった。御遺族が普通の暮らしを早く取り戻せる事を心より願っております。

19時から海老名で同級生達との飲み会があり、待ち合わせ時間よりもかなり前に着いてしまった。

昼に何も食べていなかったので、海老名駅近くのビナウォーク内にあるラーメンストリートにふらりと寄った。

海老らーめんの文字を見て、この辺りには無いラーメンなので入ってみた。

店に入るとカウンター席に男性客が2名。

若い女性店員2名でやっている様だ。

食券機を見ると、海老らーめん、海老つけめんと鶏白湯の3トップ布陣。

迷いも無く海老らーめんの食券を購入した。

お好きな席にどうぞと言われたので、カウンター席横のテーブル席に着座した。

海老らーめんの食券を買うと塩、味噌、醤油から選べるらしい。

店員のお姉さんにオススメは何かと聞いたら「冬だから味噌はどうでしょう。」とのこと。

そして基本の味はどれかと聞いたら塩味の「濃厚海老らーめん」だと。

お姉さんがオススメする味噌もいいのだけれど、始めて来た店なので基本の味を頼む事にした。

無料で大盛にできますとの事だったので、お願いした。

以前、六角家→二男坊→胡心房があったテナントで、最近は店の入れ替わりが早い。ららぽーと側に人の流れが行ってしまったのかな。

トッピングに特性チーズやジェノベーゼソース、サイドメニューに焼きチーズごはんと女子力高めだな。

濃厚海老らーめん 780円

見た目は味噌らーめんの様で、まさかお姉さんが間違えたかと思った。

お姉さんに聞くと、スープに完熟トマトを煮込んでいるからこの色らしい。

スープをズズッと飲むと海老の風味がくる~。

ライトな鶏白湯スープがベースで、甘海老の頭をすり潰してとったかのような海老出汁が合わさる。

海老殻の細かな破片を口の中で感じるわ。

ドロドロした粘度の濃厚スープを想像していたが、真逆のサラサラあっさりとした感じ。

タレは薄い味噌の様な味だが、本当に塩なのかな?タレの味がかなり薄めなので、結果的に海老出汁が強調されたスープである。

辛味噌らしきものが、チャーシューの上に乗っており、次第にスープと混ざり味が変化していく仕掛けだ。

博多ラーメンのような極細麺。

スープがサラサラしているから、この細い麺が合っている気がする。

弾力のある薄いバラチャーシューと、甘く味付けしてあるコリコリした極厚メンマにネギという具材がのる。

簡単に言うと、ややあっさりした女子力高めの海老らーめんという感じ。

海老の風味はするのだが、トマト感もあまり無くスープダレが薄いので、僕には何だか味気なくボヤ〜っとした中途半端な味の印象。

スープがもっとドロドロ濃厚していて、もっと味が付いた上で、これでも喰らいやがれ海老野郎!と海老を濃厚に感じさせて欲しかった。

濃厚さを求めるなら、海老つけめんだったのかもしれない。

気づけば女子力高めの店に僕とおっさんの2人だけ。店主の狙う客のターゲット層は、はたして当たっているのかな?

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)