Big Boy

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

ドナルド・トランプ大統領が、2018年6月18日に開催された国家宇宙委員会の会議で国防省にアメリカ軍6番目の部門となる宇宙軍の創設を2020年までに目指すと指示した。ロイターが入手したメモによると、トランプ大統領が推進している宇宙軍創設は、最初の5年間に130億ドル前後の費用がかかると推定されている。実現には議会の承認が必要である。

アメリカ宇宙軍は、かつて存在したアメリカ軍の統合軍。1985年9月23日に設立された。2002年10月1日にアメリカ戦略軍に整理・統合、つまり廃止されていた。

主な目的は、通信衛星・偵察衛星・航法衛星・気象衛星などの運用、人工衛星の交通整理や宇宙ごみ対策、弾道ミサイル発射の早期警戒、通信・コンピューターネットワークの運用、対サイバー戦などである。

宇宙条約によると、批准国は、地球軌道、月面その他天体上に核を設置することを認められていない。また宇宙における戦争、軍事施設、兵器実験施設も禁じられている。しかし宇宙条約は宇宙の兵器利用までは禁止していない。なにしろ地球を軌道する人工衛星は、通信、軍事的監視、兵器誘導にとっての要なのである。

宇宙軍を持っている国(持っていた)は、アメリカ、ロシア、中国、イスラエル、日本。意外にも日本も宇宙に散らばるゴミを監視するという名目で「航空自衛隊宇宙部隊」という宇宙軍がある。

特に中国は、地上発射ミサイルで自国の気象衛星を破壊した実験も成功させたことは知られているし、2014年には相手国の衛星を破壊せず無力化する実験に成功した。

莫大な設備費、維持費がかかるが、敵国であるロシアと中国が宇宙軍を持っている以上、戦略上アメリカも持たざるを得ないという事か。世論調査やマティス国防長官からは反対意見が出ており、実現するかどうかはまだわからない。

ハンバーグが売りのファミレスである

Big Boy。

この厚木及川店は

かなり昔から

厚木市民に愛されてきた名店である。

昔は手ごねハンバーグと

スープバー、サラダバーで

席待ちが出来る程に一世を風靡した。

しかし、

ゼンショーグループに買収されてから、

ハンバーグは手作り感の無い

工場の味になってしまった感がある。

店側の言い分としては、

手ごねにより生じていた

ひき肉の部位における肉質のムラを

無くして均一化したとか

都合の良い事を言っていたけれど、

要は、

材料費や人件費を減らす為に

工場の機械でよくこねたって事じゃない。

ハンバーグの粗挽き感と新鮮さが

随分落ちたというイメージを受けて、

あれから店に随分と行っていなかった。

しかし、

最近になって

ハンバーグをリニューアルした

との情報を得たので、

再び店に訪れたという訳だ。

訪れたのは昼過ぎ14時頃。

店内は相変わらず天井が高く

開放感がある。

店の中央にスープバーとサラダバー。

よく知っている昔からの空間。

僕ら厚木市民に

スープ・サラダバー文化を

伝承した店である。

入り口近くの席に案内された。

メニューを見ると

「新・大俵ハンバーグ」とある。

果たして増量した以外に

どこが「新」になったのか楽しみである。

ダブル。

昔はよくいった。

サラダバー頼むなら要らないか。

注文を済ませると、

サラダバータイムに突入。

ハンバーグが来るまで

好きな野菜を

皿に自由に盛り付けて楽し~い。

いきなりステーキのシステムより、

こっちのシステムの方が

楽しくて好きだな。

コーンスープとサラダを盛り付けた。

次はカレーだ。

ハンバーグが来るまでに2回は行くぜ。

新・大俵ハンバーグ M バイキングセット 1380円

店員がキャスター付きのワゴンに

鉄板を乗せてやって来た。

そのままワゴンの上で

俵型のハンバーグを垂直2つに切り、

ハンバーグ内部を熱い鉄板に押し付ける。

ゼンショーグループになってから、

人件費削減の為か

調理場で既にハンバーグは切られており、

提供される時には

肉が焼かれ過ぎて

肉が硬いと

一部の客から不評であったらしい。

そして、元の

目の前で切り分けるやり方に

戻った感じである。

まずはグレービーソースをかける。

ん?鉄板の音がおとなしい。

箸でハンバーグを切ると、

ハンバーグは肉質が

かなりレアの状態である。

メインの鉄板プレートは

温度が低過ぎるので、

付属のサブ鉄板プレートで

好みの焼き加減まで

自分で焼く必要があると判断した。

ハンバーグを分けて

中まで焼かなければならないので

ハンバーグは無残な姿になってしまった。

自分は

レアのハンバーグを食べるのはヤバい

と思う方で、

安全衛生上、

きちんと中まで焼いて欲しい派である。

食感は硬めで、

以前より粗挽き感はかなり戻り、

工場感は感じなくなった。

肉パーツを切り分けて

個別にサブプレートで焼くので、

肉はボロボロに崩れ、

ソースや肉汁は

その過程で落ちてしまっている。

ハンバーグやステーキは

最初から好みの状態まで焼いてもらって、

出来るだけ肉汁を落とさないように

一気に食べたい。

まるっと焼きトマトのチーズinハンバーグ 780円

相方さんが頼んだ手ごねハンバーグは

ふっくら柔らかい食感で、

肉とチーズの甘みが

ジュワンと滲み出てくる。

しっかり中まで焼けているから、

箸でも綺麗に切れる。

大俵ハンバーグより

絶対にこっちの方がはるかに旨い!

手ごねハンバーグをオススメする。

結果、

大俵ハンバーグを

最初からもっとしっかり焼いて出してくれ

と言った感想。

サブプレートで焼くのは、

あくまで微妙なサブ補填作業であって、

その作業を

客任せのメインにしてしまっては

衛生面上で危ないと思う。

そして、

サブプレートで焼く際に

ソースや肉汁が

ハンバーグから滴り落ちて、

大俵ハンバーグ本来の味が

出しきれていない。

ただ、

この店の手ごねハンバーグは旨かった。

むしろ、

手ごねハンバーグの方を

店として推すべきなのでは?

と思ってしまった。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)