麺屋 蓮

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

ペヤンガー必見情報!

ペヤングソースやきそばのソースがボトル容器200ml入り300円ほどで売られているようである。まるか食品は8月6日から関東の一部店舗でペヤングソースの販売を開始し、27日から全国展開をする。発売動機はペヤンガーから「ソースを単体で売ってほしい」との要望が出ていたからだという。

これでペヤングに追いソースをすれば濃いめの味も楽しめるし、マルちゃんなどの生焼きそば麺でもペヤングを楽しめるし、ペヤンガー達のバーベキューは盛り上がること間違いなーし!

さて、厚木一番街近く、オーケーストア前にある麺屋 蓮に18時頃入店した。

元は吉本家があり、そこから次々とラーメン屋が入ったが、どこも長く続かず撤退した。

最近では明かり家が少し長く続いた気がする。

店内は間接照明を使用して薄暗くハイセンス風な内観である。

外から見て店内が暗くて見えづらいので、店やってんの?と思った。

長いカウンター席と4人掛けのテーブル席が2卓ある。

これは懐かしき吉本家時代から同じ配置である。

食券機で味噌ラーメンの食券を購入してカウンター席に座った。

店内に客は僕だけである。

客が入って来ないので、ラーメンを待っている間にその原因を考え始めていた。

まず前提条件として、この店の上階は大人の店である。

この店が風俗ビルの1階に位置する事を厚木市民は知っている。

昔からそのエロきオーラが1階まで降りて来て、外から入ろうとする一般客を遠ざけていた。

旗やパネル看板を店前に置いてラーメン屋である事をアピールしているが、外から見たらラーメン屋と言うより、まるで薄暗い洒落たバーである。風俗ビル1階にあるバーはなおさら入りづらいのではないかな。

…と、妄想の途中でラーメンが着丼した。

細身の若い店主である。

たまたま客入りが少ないだけかもしれないのに、勝手に妄想して本当にすまん。

信州味噌ラーメン 750円

甘くまろやかな京風白みそに、コクのある麦みそを加え濃厚な味噌に仕上っていると言う通り、白味噌の甘みが際立っている。

動物出汁はアッサリしていて、濃厚な味噌スープではないが、よくある人気の白味噌スープとは線引がされて、独自性がある。

細麺、太麺、平麺から細麺を選択。

皆が好きなあの黄色いタマゴ麺では無く、オーソドックスな中華麺を使用している。

麺はストレート、食感は柔らかめで、よくある一般的な中華麺。

基本の具はチャーシュー、味玉、モヤシ、キャベツ、コーン、メンマ、バター。

バターがアッサリめのスープに濃厚さをプラスしている。

味噌ラーメンにバターを入れるのは好き嫌いが別れる事がある。

なのでか、バターを入れるかどうか事前に店主に聞かれた。

大判のチャーシューはバラ肉。

味付けはあまり無く、厚さは薄いが食感は柔らかい。

信州味噌ラーメンが一番の売りなのだろうが、他にもラーメンのラインナップが多い。

中でも、二日酔いに良さげな「しじみラーメン」は飲んだ後の締めとしていいなぁ。

この店は飲み会二軒目の店、又は締めの店として成功する可能性がある。「しじみラーメン」にはウコン麺が良いんじゃないかな(笑)。

いつかは飲みの締めに「しじみラーメン」を食べに行こう。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)