とんかつ 麻釉

Pocket

【住所】神奈川県伊勢原市

【HP】食べログ

伊勢原市にあるデカ盛りで有名な、

定食屋のとんかつ麻釉。

とんかつ屋だが、

自分の中ではとんかつ屋のイメージは薄く定食屋のイメージが強い。

店裏にある駐車場に車を停めて、

店内へ入った。

開放感がある吹き抜けの店内は、

2階が喫煙席となっている。

客はいっぱいいたが、

席が多いので、

待たずに通された。

僕らは、

一階奥のカウンター席に座る。

やや上空から、モクモクと微かにタバコの煙が臭う。

メニューをバ~ン!

まずは揚げ物系。

続いて焼き物とお重、カレーライス系。

その他の定食。

いつ来てもメニューがたくさんあって、

何を頼むか迷うなぁ。

夜のセットメニューもある。

突然の回想に入る。

昔、厚木にも麻釉の支店があった。

そこで食べた時は、

焼肉重を頼んでいた。

出前もやっていたから、

かなり重宝したが、

惜しまれつつ店は閉店してしまった。

厚木店には、

直径14センチの丸型の器に、

30センチのキャベツタワーがそびえる、

「焼肉重スペシャル」があった。

焼肉重スペシャルは1000円。

ご飯5合。

総重量約2kg。

僕は食えなかったけど、

何となく凄かった思い出がある。

あの時の感動よ、

もう一度今ここで湧き上がれ!

席にはすぐに座れるが、

客が多いから、

座ってから結構待つね。

しばらくすると、

料理が到着した。

焼肉重  温玉 キャベツ  910円+200円

久しぶりに会った激ヤバだったあいつは、

あの頃はいい思い出とでも言いたげに、

大人しい姿に変わっているー。

伊勢原では、

温卵もキャベツも、

各100円払ってトッピングせにゃ、

付かないらしい。

コスパを考えたら、

無理して付けなくてもよかったかも。

では食べていこうかね。

焼肉重の掟は、

肉まで到達するには、

まずはキャベツから片付けて行かねばならない。

とても長い作業だが、

メインディッシュ前の前菜として捉えようか。

キャベツを片付けると、

お肉が全貌を現した。

豚バラ肉に甘く濃いタレがよく染みていて、

ご飯によく合う味付けだ。

温玉を割ってとろ〜り。

この瞬間を待っていた。

ついに、焼肉重

最終形態のお出ましだ。

味噌汁は、

普通の味。

一方、

友人が頼んだものは、

あじフライ とりからあげ                240円 + 190円

単品で頼めるので、

少し追加したい時に丁度良い。

ソースかつ重(ロース)870円

友人が頼んだソースかつ重は、

かつが、

ラン♩ランララランランラン♪

と、キャベツの草原に乗せられているイメージ。

ソースカツって言うほどは、

ソースが全体的に染みている訳ではなく、

トンカツに卓上ソースをチャッとかけたって感じ。

焼肉重は甘辛で美味しいのだけれど、

昔を知っている者からすれば、

インパクトが衰えた感はいがめない。

今思えば、

あの頃の麻釉厚木店は、

最高のバブル期だったんだな。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)