くまもとらーめん ブッダガヤ

Pocket

【住所】神奈川県小田原市

【HP】食べログ

小田原で仕事を済ませた後にラーメンでも食べてから厚木に帰ろうと思った。

食べログでラーメン店を検索してみると、小田原はなんとも老舗ラーメン屋が多い。

味の大西か、くまもとらーめんブッダガヤで迷ったが、味の大西は他に支店もたくさんあり、またいつか食べられると思ったので、ブッダガヤに決定。

小田原駅から10分位歩いたら店が見えた。

17時から開店で17時半頃に着いた。

引き戸を開けると老夫婦2人に出迎えられた。

6人程のカウンター席と5~6人掛けのテーブル席がひとつの狭い店。

男性客が1人食事をしていた。

右奥のカウンター席に腰かける。

椅子が丸太なのか。

店内は豚骨の匂いがかなり強く漂う。

歴史を感じるレトロ感だ。

メニューを拝見。

ラーメン一杯750円からは少し高いな。

らーめん以外は手が届かない。

創業年はわからないが、かなり古い店である。ご主人は熊本ラーメン桂花で修行されていたとのこと。

ラーメン本にはあまり載っていないので、実際に聞かないと情報量が少ない。

ブッダガヤとはインドのビハール州、ガヤー県の都市。釈迦が悟りを開いた地のひとつで、仏教では最高の地とされている。

くまもとらーめん 750円

桂花らしさは生キャベツやマー油の色にありますな。

なんとなくキャベツが蓮の花に見える。

スープからなかなかの獣臭がするが、僕には許容範囲内だ。

豚骨スープは結構コッテリワイルド。

マー油がいい感じに獣臭を消している。

「なんつっ亭」ほど焦げたニンニク感は無く、程よくニンニクが香るマー油だ。

博多ラーメンよりも太めでちゃんぽんよりも少し細いくらいの麺。

かなり硬めの茹で上がりでバリカタくらいの硬さは僕好み。

舌に麺の丸い断面形状を感じる。

チャーシューは濃いめに味付けされて硬すぎず柔らかすぎず良い塩梅。

ラーメンにキャベツはあまり好きでは無かったのだが、生キャベツがシャキシャキ良い食感でこのマー油プースーと良く合っている。

レンゲが小さすぎて短すぎて、しかも丼の淵に引っかからなくて、スープ内によくドボンと落ちる。

恐らく客の間ではブッダガヤあるあるだろう。

豚骨臭いのが苦手な人はまず駄目な店だと思う。

今どきのラーメン店みたいな食べやすくオシャレな感じでは無いが、豚骨の臭みが荒々しく、直球の美しさがある昭和の一杯だった。

もう少し安かったら、もっと客が来そうだけど、たくさん来すぎても忙しくて大変なんだろうな。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)