板そば 喜右衛門

Pocket

【住所】神奈川県厚木市
【HP】食べログ

如月に入り、寒さもついにピーク。

寒いと自然に冷たい蕎麦を食べなくなるのが常だけれど、今夜は自然のあり方に反して急に盛りがズルリンチョって食べたくなって、食べたくなったら真っ先に浮かぶのが必然とこの店なわけで。

行きつけの蕎麦屋である僕の縄張りでもある板そば 喜右衛門。

厚木で一番気に入っている蕎麦屋。

午後20時半。

個室は満席、座敷も満席、カウンター席3人、テーブル席3組程の客入り。

僕はカウンター席中央に座る。

ジャズが流れる店。

店員が暖かい蕎麦茶を出してくれた。

そのタイミングを見逃さず、素早くせいろ大盛を注文した。時短の常連テクである。

さあ、ゆっくりメニューを見ましょうか。

きざみ鴨せいろも好きだ。

板そばもいいんだけど、せいろ大盛の方が量的に丁度良い余韻なんだよね。

座敷席にいた家族客が帰り、店員が次の家族客の為に席を整えている。

家族客は席が出来るのを待っている。1番人気の席。

卓上調味料。実はあまり使った事がない。何が入っているのかもよく知らない。

せいろ 大盛
700円+160円

このくらいの量が3段乗るのが大盛だ。

通常は2段。

冷水でよく締められているためか、真冬の盛りはコシが強いぜ!

季節によって食感が全然違うから蕎麦って面白い。

3段目を食べる頃になると、冬の乾燥のせいか蕎麦同士がひっつくのね。

そして、ここのつけ汁は相変わらず辛くてキレがある!

 

蕎麦湯を最後に呑んでじんわり温まる。

以前より値段が高くなったとは言え、この質、この量でこの値段は安いわ〜。そんな事言ってると、どんどん値段が上がりそうだけど。

いつまでも厚木にあって欲しい店。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)