六厘舎

Pocket

【住所】東京都千代田区
【HP】食べログ

引きこもり的に厚木に住み続けている僕があの有名な東京駅ラーメンストリートにいる。まあ、いわゆる仕事の野暮用ついでだ。どうせだから、一度は食べて見たかったつけ麺の有名店である六厘舎に行ってみる事にした。

野暮用を終えて帰る頃だから夜21時半に行列に並び始めた。並んでいる人達からは様々な地方の方言、外人もいる。僕も含めてみんな田舎っぺばかり並んでいるのがこの店らしい。

そんなかっぺ大将達憧れの有名つけ麺は、30分後に目の前に置かれることになる。外人さんが自動販売機に相当手こずっている。店員がそれを助けている。日本人は優しいね。

席に座ったら数秒で着丼。カウンター席に案内されてからの着丼があまりにも早過ぎる。サトウもびっくり。おそらく何か魔法を使っている筈だ。

つけ麺 830円

この濃厚豚骨魚介出汁のつけ汁と極太麺という、今ではつけ麺の鉄板王道になっているスタイルを流行らせたのは元はと言えばこの店だ。今では様々な店が真似をして、旨いつけ麺の定義となっている感がある。

煮干し、鰹節の粉末がこれでもかと言うほどつけ汁に入っている。こんなに粉末が入っているつけ汁はオラが街にはねぇだ〜。

とにかく魚介が濃い。厚木のつけ麺の粉末など可愛いもんだ当然、節系の旨味と風味が物凄い。

舌がザラザラする。そしてつけ汁が泡立つくらいスープにトロミがある。

良い小麦粉を使っているなという感じがする麺。綺麗に盛り付けられているのも素晴らしい。

舌触りがツルツルで、モチモチ食感のストレート麺はつけ汁と絡みにくいのではないかと思いきや、まさかのスープの方から積極的に麺に絡んできやがる!!

大量の粉末とトロミがスープの味を麺に付着させて、スープが口の中に入ってくる!

もし、このつけ麺を十数年前に食べていたらTOKYOは魔界過ぎる!と強く思った事だろう。

だが、このスタイルはもう色々な店で食べ過ぎていて、もう慣れた感があるのも正直で今さら感動する程では無いという感想にはなった。

ただ!

この店のつけ麺は、巷の似たようなつけ麺と比べて、明らかにがあった。旨いラーメンはすぐに他の店にコピーされる御時世。

されるけど、他の店がコピーすればするほどオリジナルであるこの店の価値は高まり、僕の様に聖地巡礼したがる田舎っぺ大将がたくさん来店するのが世の中の現状だ。

そして、シンプルにより濃厚なスープをと求める時代は終わり、

今では適度な濃厚さのスープに、珍しい魚介系やら動物系やらスパイス系やらトッピングやら、独自の特色を打ち出しているスープらへ分化していく方向へと時代は変わっている気がする。

外国からも日本人の常識を壊すような破天荒な一杯が大海を渡って押し寄せている。

開国せよ!

今後のラーメンの新たな可能性を感じ得ざるを得ない。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)