大正麺業

Pocket

【住所】神奈川県厚木市
【HP】食べログ

ボヤーッと店名に灯りがともり、

大きく見やすい大正麺業と書かれた看板。

以前の店舗は、

ワイン通にはよく知られた酒屋だった。

今は店舗を縮小し2階でワインを中心に売っている。

近くにドンキホーテやクリエイトが出来てから、そっちに客を奪われちゃったかな。

でもネットでワイン通を相手に生き残り商戦をしているらしい。

20時頃に訪れた。

入り口近くにある食券機で食券を購入すると、

手際良くカウンター席に案内された。

カウンター席に2人、前客がいた。

2人とも味噌ラーメンを食べている。

この店のオススメは味噌ラーメン。

1993年創業の平塚にある「味の味噌一」の流れをくむ。

優しく甘い味噌ラーメンだ。

後客が単身1人ずつ計2人来て、

店員に誘導され、

カウンター席に男5人が密集状態になった。

店員さんよ。

もうこんな時間だし、

あちらの広いテーブル席エリアには誰も座っていないのだから、

テーブル席に案内しても良かろうよ。

初対面の俺たちは、

こんなに肩寄せ合って、

どんだけの仲良しなんだ!!(カミナリ風)

いきものがかりの曲が次々と流れる。

BGMは新厚木流BGMとでも呼ぼうか。

厚木でこのスタイルを聴くのは初めてだ。

よくサザンばかり流している店もあるが、厚木はこのスタイルが今後流行るかもしれない。

郁恵ちゃんやキョンキョンもよろしく。

味噌つけ麺 大
920円

この店のつけ汁は旨い。

味噌の甘さと酸味にややピリ辛を加えたタレに、

濃厚な甲殻類の出汁を注いだ濃いめのスープ。

スープを吸ったアオサが麺に絡んで香りも良く、

スープと麺を繋げる役目を果たしている。

以前はとろりと野菜が溶け込んだスープと表現したが、

あれは間違いだった。

東京駅で六厘舎のつけ麺を食べてからスープと麺の絡み、一体感にうるさくなった。

六厘舎のつけ麺のように、

つけ麺は、スープにトロミをつけて、麺とスープの絡みを意識すべし。

本来つけ麺の主役である筈の、

麺の方が平凡と言うか面白くない。

ツルツルした舌触りの柔らかいストレート中太平麺で、

スープが麺にあまり絡まない。

後大盛にしては麺量が少ない。

だからスープと麺を結びつけるアオサの存在が大きいが、

アオサだけでは全てをカバー仕切れていないのだ。

チャーシューは豚バラで柔らかい。

形が揃っていて上品なチャーシューだが、薄くて面積が狭い。

ベーススープの出汁が美味しいだけに、

麺の出来や食べさせ方がもったいない。

つけ汁にライスを入れて雑炊にしても美味しいかもしれない。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)