ラーメンショップ大和 海老名店

Pocket

【住所】神奈川県海老名市
【HP】食べログ

告白する。

皆さんには今まで言わずに黙っていたが、俺はある深刻な病気にかかっている…。

それは、急にラーメンショップのラーメンが無性に食べたくなってしまうという病気だ。

現代は、素材が良いものを使用し、緻密で重層的な味わいをもたらしている進化系ラーメンが巷に多く存在している。

そんな中、決してとびきり旨いラーメンでは無いと思うが、不思議な魅力があるのがラーショだ。

現代っ子は同じ気持ちにならないかもしれないが、上の世代ならきっとわかってくれる人もいるだろう。

あのスープの出汁取り用に使い切って、旨味が抜け切った、硬くて厚いチャーシューをガッツリと噛みたい。

卓上の刻みにんにくやおろしにんにく、豆板醤をラーメンにガバッと大量にかけたい。

という生理的な欲求が生じてしまうのだ。

食べたくなったその日がラーメンday。

今でもそう信じている。

今日も長時間、厳しいテニスの試合があり足腰が立たない位にヘトヘトに疲れ切った。

そんな時に限ってまたこの病気が再発する。

いつもの様にテニ友がオススメするラーメンショップ海老名店へやって来た。

ああ腹が減った…。

店に入り、食券機と向かい合う。

今日はこの店で最大級の存在。

大のネギチャーシュー麺の選択しか考えられない。

カウンター席しかない本格派のシンプルな店。

席はほぼ満席状態の人気店。

ガテン系のおっちゃんや年配の客が多い。

厨房は母子でやっているのだろうか。

まさかの夫婦だったらすまん。

客層から見て、おそらく2代目の息子が母とやっているのではなかろうか。

お爺さん客は先代からの常連客かと勝手に妄想する。

ヤングジャンプや新聞紙を読みながらラーメンを待っている。

水はセルフ。

従業員はとても忙しそうだ。

大ねぎチャーシューメン   1050円

分厚いチャーシューにやや太めに切られた白ネギが盛られている豪快な一杯。

この剥き出しの男らしいビジュアルは、男達を惹きつける。

ラーメンショップ系のスープでは動物出汁ライトの部類に入る熱々スープ。

薄く背脂が入り、味も濃すぎず薄すぎず丁度よし!

ラーメンショップ系のあの細麺。

他の店は舌触りがヌメヌメしているところが多いけれど、ここはあまり感じなかったな。

分厚くデカイチャーシューが5〜6枚入り、さらに柵切りにされたチャーシューがごま油と白ネギで和えられている。

麺とは対照的に、顎が疲れるくらい硬く噛みごたえがあるチャーシューにかぶりつく!

シンプルな味付けで脂肪分は少なめである。

 

土曜日は14時で閉店。

シャッターが半分閉められるも、客はまだまだ入って来る。

「終わりました。」と店員が客に丁寧に謝っていた。

分厚いチャーシューをよ〜く噛みながら、ゆっくり食べていると、気づけば客は隣の爺さんと俺だけになっていた。

店員が店を閉めたい雰囲気が出始め、焦った俺は、爺さんとの早食い競争となる。

爺さんの方が早く食い終わり、カウンター席が俺だけになった瞬間から、

「早く店を閉めたいんじゃなかろうか」という勝手に自分自身で作り出したプレッシャーを感じだす。

あれは小学校時代だったっけ。

この課題が終わった子から帰っても良いというシステムで、最期の1人に残ってしまった感じに、この状況が似ているかなと。

味は他のラーメンショップと同じだが、この店は盛りが良く、いつも客で賑わっている。

テニ友曰く、道なりに車で走っていて左側に見えるこのラーメン屋の角度が素晴らしく美しいからだと言う。

また、土曜日は半日、日曜日は休みという強気のスタイル。

普段は閉まっている気になる店が、運良く開いていたら、もちろん入るよとの見解だ。

ラーメン一杯550円の時代もあったようだが、現在は600円。

ラーメンの画像をある極秘ルートで入手した。

厚いチャーシューが基本で2枚も入っているのはナイスである。

美味しかった。

病はまだまだ治りそうにない。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)