ぎょうてん屋

Pocket

【住所】神奈川県厚木市
【HP】食べログ

このブログを始める前は、

ぎょうてん屋にもっと頻繁に通っていた気がするが、

厚木を中心とした様々な店に訪れる様になり、

ぎょうてん屋に行く頻度が少なくなったような気がする。

最近知ったのだが、

厚木に本店があるので、

厚木が発祥の地だと思っていたが、

どうやら始まりは平塚だった。

そして厚木で開店してその地に根づいた。

平塚で駄目でも、厚木なら流行る。

パワースポットもそうじゃなかったかな?

我が厚木市民のラーメン好きは、実はかなり凄いからな。

平成10年店主の岡村篤秀さんが吉村家からレシピを伝授してもらい平塚に開店。

すぐに閉店し厚木で開店。

東名厚木健康センター系列のラーメン屋。

今まで革新的な家系ラーメンを生み出して来た。

そんな事は置いておいて、

場面を移し、

久しぶりに厚木市林にあるぎょうてん屋本店にやって来たわけだ。

厚木第1号店として厚木市民にはもうお馴染みの店だ。

豚骨醤油ラーメンと二郎系ラーメンのツートップで営業している。

そんな中でも俺が毎回食べるのは、

開店当初からメインを張っている豚骨醤油ラーメン。

開店当初とはだいぶ味が変わり、

ぎょうてんラーメンから豚骨醤油ラーメンへと名前は変わった。

味が変わる前は、

かなりの頻度で通っていた。

「真のコッテリ感とは脂とスープが一体となったもの」

と店内に書いてあり、

確かにスープもかなり美味しかった。

高座豚を使用したチャーシュー、新鮮な野菜など当時はラーメンにかけている素材も素晴らしかった。

常に変化し続けているぎょうてん屋のラーメン。

最盛期には到底及ばないが、

今も客足は絶えない。

豚骨醤油ラーメン
700円

まろやかでキレのある醤油ダレは、

7種の魚介と2種の魚醤からなる。

豚骨や鶏ガラを12時間強火で炊いたスープと合わせるらしい。

中太の卵縮れ麺は俺のお気に入り麺。

スープとの相性バッチリ。

開店当初からこの店を知っている厚木市民で、僕と同様な想いを抱いている人は他にもいないだろうか?

オープン当初のぎょうてんラーメン。

あれは最高だったよ。

ごちそうさまでした。

4 thoughts on “ぎょうてん屋

  1. ぎょうてん屋のファン

    この店は無化学調味料の店 ぎょうてん屋ゴールド
    同じぎょうてん屋でも別ブランドの店
    ちゃんと調べて下さい

    嫌がらせかな?

    返信
    1. カピ 投稿作成者

      ぎょうてん屋ファンの方なら、ご存知かもしれませんが、この店は厚木元本店です。無化調のぎょうてん屋ゴールドは東名厚木店ですよ(^ ^)。

      返信
  2. 昔のぎょうてん屋のファン

    あれは2000年くらいだったかなー。平塚の店も2回くらい行ったことあります。
    厚木の本店も昔はよく行きました。
    私も昔の味に戻ってほしい…
    業務用スープにでも変わったんですかね?それと、

    接客の質も落ちました。もともとそんなに良くなかったけど。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)