自由軒

Pocket

【住所】神奈川県相模原市
【HP】食べログ

相模原に行く用事があったので、

ついでにどこかで飯でも食おうかと

店を探していた。

食べログで、

僕好みのボリュームのある

街の中華食堂を発見。

昼頃、

相模原駅近くの商店街の中にある。

デカ盛り中華食堂の

「自由軒」に初来店した。

店内は少し狭い。

2人掛けのテーブル席4卓、

カウンター席5席。

カウンター席は全て満席。

テーブル席は相席が空いている状態。

客は10人。

男性客と女性客の割合が6:4位で、

意外に若い女性客が多いぞ。

店員は3人。

入り口でぽかーんと突っ立って、

店員が席へ誘導してくれるのを

待っていると、

3人ともこちらをチラチラは見るものの、

席には誘導はしてくれない

微妙な空気。

見たところ、

店員は調理作業で大変忙しいと

言ったところである。

見るからに厨房は戦場である。

ずっと入り口で立っているのも何だし、

この宙ぶらりんな状況を

己で何とか打開せねばと思った。

ならばここは。

独自判断での

臨機応変な行動が優先して求められる。

自由軒。

周りを見渡すと、

テーブル席が3席空いており、

どれに座ろうか。

全てが相席となる。

兄ちゃんが2人とお婆さんが1人。

入り口から左側に座っていた

大人しそうな兄ちゃんに

「相席お願いしますビーム」

を送った。

目が合ったので、

とびきり全開のスマイルで

ニコッと笑って会釈した。

どうぞ♪と

相席をさせてもらうことになった。

サンクス!

僕が無事に席を獲得したのを店員が見て、

テーブルに水を持って来た。

これで客として認められたと言うことか、

もしかしたら、

試されていたのかもな。

メニューはテーブル席にもあるが、

店外にもあった。

店員が釜のご飯が残り少ないと

厨房に言っていて、

この店はご飯系の料理が人気の様だ。

相席の兄ちゃんは大人しそうに見えて、

チャーシュー麺大盛と

天津チャーハンを

1人で注文して食べている。

この店は一品でも

かなり量が多いっていうのに、

この御方は只者ではない。

天津チャーハンは

この店の名物なんだと教えてくれた。

自由軒。

チャーシュー丼
800円

待つこと10分で、

僕の注文した料理が運ばれて来た。

厚いチャーシューが、

10枚てんこ盛り。

噂通りのボリューミーな一品。

甘いタレだ。

照り焼きに近い味。

塩分は薄めで、

甘さが全面に出ている。

豚肩ロース肉は、

脂肪分が少なくあっさりしていて

柔らかい。

あっさりしているから、

量が多くても最後まで食べられる。

チャーシューをどけると、

ご飯の上には白ネギが敷き詰めてある。

ご飯にも

甘い照り焼き風のタレがかかっている。

普通のチャーシューの味付けを予想していたが、

この甘いタレは驚きだ。

食べ始めて中盤に、

キムチが相席の兄ちゃんの分と一緒に

テーブルに置かれた。

これも付け合わせにしては量が多い。

相席の兄ちゃんは

もう料理食べ終わったタイミングに

来たって感じだったけどね。

自由軒。

スープも量が多い。

あっさりした鶏ガラの

ラーメンスープだ。

この味ならば、

ラーメンも普通に美味しかろう。

後客が店に入って来て、

店内が満席なのを見ると、

相席は何席か空いているのに、

店外に並んだ。

ハテナ?

この店は満席の場合、

相席を避けて、

店の外で待つのが、

基本ルールだったのかもしれない。

僕は相席ビーム出ちゃったけど。

料理の量が多いので、

食べ残しても持ち帰りができるようだ。

おじさんが食べ残した料理を

パックに詰めて持ち帰っていたのを

この目で見た。

次にまた来るとしたら、

ラーメンかチャーハンの大盛だな。

僕のスカウターが味は間違いないと見た。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)