2017 ツーリング夏旅 3日目

Pocket

ゆっくり起きて、ダラダラと朝を過ごす。

10時に宿を出発して、名古屋栄区のあんかけスパゲッティ発祥の店、「ヨコイ」へと向かった。


少し離れた駐輪場にバイクを停めて、

名古屋で最も栄えている商店街を歩いた。

【住所】愛知県名古屋市中区栄3-10-11 サントウビル2F
【HP】食べログ


15分前に到着。

行列は無く俺ひとり。

10分前になって、

もうひとり客が後ろに、さらに5分前にひとり並んだ。

開店と同時に店内に入ったのは5人。

シックで落ち着いた昭和中期的なインテリアである。

フルートの優雅なBGMが流れる。

単体で来る年配客が多いが、皆テーブル席に案内された。

客は続々と入って来る。

メニューをみると、

一番人気のミラカンにするかミートボールにするかで悩んだが、

せっかく名古屋まで来たんだから、一番人気を頼んでおかないと後悔すると思ったので、

素直にミラカンを注文することにした。

ランチAセット
ミラカン + イカフライ
1000円

トロミがかったほのかなトマトの酸味を感じるソース。

酸味は抑えられ、マイルドな味わい。

序盤は黒胡椒でピリッとした辛さを感じるが、後半はあまり感じない。

店員によると、創業時の味より抑えられた味のソースになっているということ。

軽めに炒められた中太のパスタは、

柔らかめの食感。

具はウインナー、ハム、ベーコン、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム。

具沢山で、油を吸ってしんなりし過ぎない程度に軽く炒められている。

炒められた香ばしさはあまりない。

イカフライはサクサクしてまいう〜。

ソースがとても旨いので、もう少し量が欲しかった。

+50円程でソース量を多くできるとのこと。

キャベツのマリネとポテトサラダ。

ポテトサラダにはマスタードが入っていて、隠し味が美味しい。

真似しよ。

女将のおばあちゃんが癒し系でいい感じ。

友達にお土産を買っちゃった。

 

さあ、名古屋ともお別れ。

新東名にのり、

高速道路を静岡方面へと走らせる。

徐々に俺の尻が、アストロンの呪文を唱え始めたので、

浜松パーキングでひと休み。

水の都、三島の宿に着いて、

水戸黄門を観ながらウトウトとひと眠りした。

夕方になって何か食べねばと、

近くにある「次郎長」という食堂に行った。

この店は、三島市のソウルフード的老舗店であり、デカ盛りで有名だ。

【住所】静岡県沼津市高島町5-16
【HP】食べログ

暖簾に味の終着駅とある。

味を探求した者が、最後に辿り着く店という事か。

カウンター席と座敷がある。

一人である事を告げると、

カウンター席に案内された。

前客は一人。

ラーメンと餃子を食べていた。

メニューを見ると、

ラーメンラインナップがたくさんある。

前情報で、裏メニューにチャーハンがある事を知っていた。

メニューには書いてないが、頼むと出てくる事を知っている。

ただ、そのチャーハンの大盛が半端なく量が多いらしいのだ。

連日で胃腸も疲れている。

でも一番人気のチャーハンも食べたい。

半チャーハンはできるか店員に聞いたら、できるとのこと。

ラーメン 600円


まろやかな醤油ダレに、

昆布のような魚介出汁がしっかり効いていてコクがある。

動物系出汁はあっさりしていて、

スープ表面に油膜があって熱々だ。

ツルツルした舌触りの縮れ平麺はコシがある。

まるで喜多方ラーメンのような麺。

チャーシューは薄くスライスされた肩ロースである。

味付けは薄めで、素材を生かしたもの。

半チャーハン
500円

普通のチャーハンと同じ量だ。

これが半チャーハン?

チャーハンも熱々。

味は至って普通の街の中華食堂の美味しいチャーハン。

半チャーハンで500円は高い。

チャーハン並みの値段だから、

これはチャーハンと考えてよい。

半チャーハンをさらに半分にした1/4チャーハンが必要だ。

チャーハンスープはワカメスープだった。

後客がチャーハン大盛を頼んだ。

写真を撮らせてもらった。

店員に値段を聞くと、

半チャーハンは500円 。

チャーハン700円 。

チャーハン大盛800円 。

おそらく半チャーハンを基本と考えたら、チャーハンが量2倍。大盛が3倍とみた。

大盛が1番値段的にお得だな。

もし食べられなかったら、パックで持ち帰らせてくれるし、仲間とシェアしてもOK。

 

宿に帰って、温泉入って、ビール飲んで、もう寝る。

明日は伊豆を走る。

おやすみなさい。

4 thoughts on “2017 ツーリング夏旅 3日目

  1. イチ

    ご無沙汰です。
    カピさんの夏休みですね。
    「ふと思い立って旅に出た」
    そんなツーリング旅。いいですね。自由気ままという雰囲気。しかも「食の旅」でもある。

    ビーナスライン

    返信
  2. イチ

    僕も何度か走ったことがあります。ニッコウキスゲはもう終わりの時期ですね。
    阿蘇を走った時もそうでしたが、高原のワインディングは気分爽快。場所によっては、空に向かってコーナリングしてる感覚でした。書きたいことがいっぱいですがまたあらためて。

    返信
  3. イチ

    名古屋出身の友達がいます。CoCo壱番屋は名古屋出身だがゃあと自慢してて、あんかけスパも押し。
    僕はロングツーの時は何故か胃がお疲れ気味で、目は食べたがっているのに連食がききませんでした。カピさん、このツーリング中かなり食べてますね。胃は大丈夫?

    返信
    1. カピ 投稿作成者

      食欲は完全ではなかったですが、せっかくここまで来たということで食べに行きました。本当はもっと行きたい店はありました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)