なんつっ亭

Pocket

【住所】
神奈川県秦野市松原町1-2
【営業時間】
11:30~23:00(LO23:00)
【定休日】無休
【電話番号】0463-87-8081
【駐車場】有
【最寄り駅】渋沢駅
【HP】食べログ

昼過ぎ、

久しぶりに、

秦野にある有名ラーメン店にお邪魔。

熊本ラーメンを関東に浸透させた黒マー油でお馴染みの、

パイオニア的ラーメン屋。

もう昼過ぎなのに、

客が次々に入ってくる。

客は、

おっちゃん達が多い。

店内に入ると、

手際よく、店員にカウンター席へと案内された。

天井が高くて、開放感がある店内。

立派な広い厨房に、長いカウンター席。

団体客用のテーブル席もあって、

グッズ商品や土産商品まである。

今では、

マー油を入れる店は増えたけど、

マー油を有名にしたのはどこの店だろう?

マー油自体は熊本の桂花が元祖らしい。

桂花ではマー油を魔法の油と呼び、略して魔油となったそう。

これがマー油の語源だそうだ。

魔油とはニンニクを主に、

熊本の数種類の香味野菜を揚げたものと、

桂花が過去に書いている。

ちなみに、

一般的に使われている麻油という文字は、

中国でいう胡麻油のことらしい。

出前一丁かい!

一体どこで間違えたんだか。

なんつっ亭の黒マー油は、

桂花の魔油とは作る素材が違う。

元々、黒マー油の元祖は、

熊本にある好来(はおらい)らーめんと言われている。

好来の黒マー油は、

にんにくと胡麻油、ラードをブレンドした特製マー油。

なんつっ亭の店主は、

この好来らーめんで修行して、

関東で黒マー油らーめんを出した。

桂花と好来・なんつっ亭どの店が熊本らーめんのパイオニア的存在かと聞くと、

論評が割れそう。

もう、みんなでいいんじゃない?

とか言っているうちに、

ラーメンが到着した。

ラーメン
750円

相変わらず、

黒マー油がスープ表面にかけられ、

インパクト大!

最初にこのラーメンを見た時は、

何じゃ!このラーメンは!?

と見たことのない黒いラーメンに、

無性に惹きつけられたのを思い出す。

前に来た時は、

スープが丼にナミナミと注がれていたけど、今日は普通。

なんつっ亭らしからぬというか、

昔と変わってしまったようで、残念。

スープはやや苦く

香ばしい黒マー油の風味が、

癖になる感じ。

ほろ苦くて、まるで大人の味。

マー油と、ベーススープとの調和がよく取れている。

マー油の下の豚骨スープは、

意外にアッサリしていて飲みやすい。

さらに、クリーミーでゴクゴクいけちゃう感じ。

麺は、

博多ラーメンの様な低加水麺に、

ややコシがあるような感じ。

一般的な熊本らーめんは、

博多らーめんよりも太い麺なんだそうだが、

この店では細麺を選択している。

具は、

チャーシュー、モヤシ、ネギ、海苔。

味がかなり染みているチャーシューだ。

どうでもいいところだが、

若いオネーチャン店員が、客にライスを持ってくる時、

「メシお待たせしました❤️」

っていうのが、

俺にはグッとくる。

あのテレビでよく観る有名店主も、

しっかりとした仕事ぶり、

誠実な接客をしていた。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)