葵亭

Pocket

【住所】
神奈川県相模原市南区若松5-2-13
【営業時間】19:00~材料切れ
【定休日】月曜日
【電話番号】不明
【駐車場】有
【最寄り駅】相模大野駅
【HP】食べログ

急に降り出した雨の中、単車で走行中の俺は、どこか雨宿りできる場所を探していた。

ふと52号線沿いを見ると4人がある店の前で雨宿りしている。

俺も混ぜてくれと、ちゃっかり雨宿りかと思いきや、この列は雨宿りじゃなく開店前から並んでいる行列。

な〜んて、目的の店はこの店。

ラーメン屋の葵亭。

きっかり19時からの開店で、俺は5番目に入店。

8席程のカウンター席のみでBGM無しの渋いスタイル。

店主が1人で切り盛りしている。

以前は相模大野駅近くにあったけれど、何年か前にここに移転した。

その時もこのようなカウンター席スタイルでラジオの野球中継がよく流れてたっけね。

19時から開店して、すぐに行列ができて、21時前にはすぐにスープ切れだったから、超効率の良い店って思ってた。

やがて今日一杯目のラーメン到着。

第1陣のラーメンは4杯まで配られた。

という事は一度に作るラーメンは4人分。

俺は5人目だから次の第2陣まで雨宿りもかねてじっくり待つよ

いや、頼むから雨が止むまで、しばらくここにいさせてちょーだい。

卓上のポットは水じゃなくてさっぱり系の冷茶なんだね。

こういう心遣いに感謝致します。


たまごラーメン
750円

豚骨かな?鶏も入ってるかな?

白濁したラーメンが出てきた。

味玉が良い色している。

トロリとした粘度の高いポタージュのようなスープ。

豚の旨味がやたら出まくりなのに、臭みは一切なく、あっさりしていてもたれない。

タレは薄めの味付けだけど、スープ自体の旨味やほのかな甘味がしっかりしている。

こりゃ独特で美味しいスープだ。

見ると店主は大きな寸胴から一杯分だけ小鍋に注いで温めている。

大きな寸胴でスープをずっと炊き続けていると、スープの味が変化してスープが悪くなると聞いたことがある。

だから、大きな寸胴で炊いたら、1番スープが良いところで火を止めて、急冷すると1番良い状態をキープできる。

後は急冷したスープを、小鍋に注いで温めれば、安定したスープを出せるみたいだ。

麺はややエッジが効いた正方形に近い断面のモチモチ中太麺。

その独特な形状から独特な食感が生み出されている。

以前の店の時は、手打ち麺と書いてあったけど、今もそうなんだろね。

豚肩ロースチャーシューは脂肪分やや少なめの噛み応えがあるもの。

肉っ!

この味玉は素晴らしい。

最近では、ランクナンバーワンの濃厚で旨い味玉だ。


替え玉
100円

やや中太麺だから、細麺より茹で上がりに時間がかかる。

もし替玉を頼むなら、早めに注文した方が丁度よし。

ラーメンタレも一緒に出てくる。

このラーメンに限ったことではないが、替え玉をスープに入れてすぐに食べると、ラーメンの戦闘力がガクンといつも落ちる気がするんだよね。

スープと麺が馴染むまでに時間がかかるのか、スープの味が薄まるからなのかよくわからないが。

だから、その日腹ペコで替え玉を初めから頼む気ならば、麺がのびるというご指摘もあるだろうが、出来れば初めから大盛を注文したい派だ。

他の客の注文はほぼたまごラーメンセット。

セットは250円プラスで本来400円の豚丼がつくものだ。

しまった、そっちだったな〜と思っていたら、開店から20分後には後ろにゾロゾロ後続客が入って並んでいる。

女性客も多い。

相変わらず店主は1人で頑張っている。

人気店なので席は間隔を開けず詰めて座る。

食べたら丼は一段上のカウンターに返す。

食べ終わり汚れたテーブルも拭いて帰る。

複数客の支払いはまとめて払う。

店主を見ていると、自然とそうしたい気持ちになる。

店を抜けたら、雨はほぼ止んでた。

いい雨宿りになったな。

店の前がこんなに暗くて目立たないけれど、客はしっかり来ているのがこの店が本物な証拠。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)