麺や食堂 ブラジル 246号店

Pocket

【住所】
神奈川県厚木市船子1234-1
【営業時間】
月~金 
11:00-15:00 18:00-22:30
土日祝 
11:00-15:30 18:00-22:30
【定休日】無
【電話番号】046-265-0642
【駐車場】有
【最寄り駅】愛甲石田駅
【HP】食べログ

神奈川淡麗系らーめんと称される「麺や食堂ブラジル」が厚木にある。

厚木市民にとっては先代のブラジルでおなじみの店である。厚木が誇るラーメン超有名ラーメン店。

本店の方は駐車場が一杯で店に入れなかったため、246号線沿いにある麺や食堂の支店にやって来た。

こちらは駐車場が何台か空いていて、並ばずとも入店することができた。

店に入ると、カウンター席に案内された。ここは食券制ではなく、後払い方式。

同グループ支店のうづまきに似たウッディーな雰囲気で誰でも入りやすい感じ。

本店よりかはだいぶ空いていた。味は同じなのでこちらの方が入りやすくておすすめ。

少し前のヒット曲が流れていて、この歌いと懐かしきなんて思いながらラーメンを待っているとラーメンが到着した。


ちゃーしゅーそば 大盛
980円 +200円

メニュー写真より鶏チャーシューが1枚多く入っているのはサービスか、嬉しいミスか。

大盛は丼が深いね。

ラーメンとは全然量が違う。

まずは店のHPから紹介。

ダシ
瀬戸内、粟田水産の上煮干と、特殊製法で仕上げた鰹節を使用。低温温風乾燥で自然の味を閉じ込め、酸化防止剤として天然ビタミンEを使っている煮干と、高イノシンサンを保有する鰹だけを使用し、コクのあるダシに仕上げている。


ダシの味を最大限に引き出すため、1千万分の1という極小のフィルターで不純物を極力取り除いた「RO水」を使用。

醤油
料亭で使われるヒゲタの「本膳」。醤油の旨みを表す窒素の数値が、通常1.5~1.8位に比べ、本膳は2.0。ダシにまろやかさを加える唯一無二の醤油と本醸造濃口醤油をブレンド。

小麦粉
北海道産「春よ恋」をメインに強い腰をプラスするため、アメリカ、カナダ産の「ダークノーザンスプリング種」をブレンド。添加グルテン、酸化防止剤は一切不使用。

麺製造器
工場などで使用する大型の機械を使用。個人店などで所有する機械の圧は通常6寸、しかし大型機械であれば8寸の圧をかけることができ、これにより歯ごたえのあるほどよい弾力を生み出すことができる。

 以上、この説明だけで後は情報要らないかもしれないけど、僕の感想も一応聞いてよ。

スープはじんわりとあっさりな鶏出汁に、煮干・節を多めに効かせたかなり温度が熱いスープ。

食べ終わる最後の方までアツアツのスープだったよ。上品な味でスッキリとしている。

ぱっと見は、博多ラーメンの様な極細麺だけど、食感に弾力があって、食べてみると全然別物な麺だとわかる。

麺をすごく綺麗に盛り付けていたのに感動する。

具は、肩ロースチャーシュー、鶏チャーシュー、極厚メンマ、九条ネギ、モヤシ、溶けない海苔。

鶏チャーシューは柔らかくて、味は染みてないけど噛むとじんわりと鶏の旨味がでてくるもの。

鶏スープに合うから入れているのだと思うけれど、正直に言うと豚チャーシューの方が普通に旨い。

肩ロースチャーシューは味が染みていて旨い。

食感がどの箇所も平均的に柔らかすぎず、硬すぎず安定していて、脂身のバランスも良い。

肉の断面がスベスベ綺麗で滑らかな舌触りだ。不思議なチャーシューだ。

極厚メンマはくゴリゴリした食感で、食べ応えがあり、味がよく染みてる。はっきり言って超旨い!

いい海苔を使ってる気がする。

全体的に最高の素材を使用しているラーメンだということがこの食べたら分かる。

大盛にするとかなり満足できる量だった。

店の外まで接客の女性がありがとうございますってお礼してくれた。キャバクラっぽい(笑)人気ある店はやっぱり何かやる事がひとつ違うんだね。これがどこの店も普通になったら変な感じだけど。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)