寿楽

Pocket

【住所】
神奈川県厚木市戸室1-37-2
【営業時間】11:00〜21:00
【定休日】月曜日
【電話番号】046-223-2460
【駐車場】無
【最寄り駅】本厚木駅 徒歩30分
【出前】有
【テイクアウト】不明
【HP】食べログ

とある静かな暗い夜、人には伝えられない純粋で深い迷いを抱えながら、漆黒の国道412号をバイクで走っていた。

ああすべきか、こうすべきかの迷いは次第に焦りとして僕にのしかかる。

早く決めないと、もう時間が無い…。

突然、電撃的にこの迷いを解決する手段が脳裏に生まれた。

しかし、その方法は逆に言えば、どちらかの可能性を失うことを意味する。

二兎追うものは一兎も得ず。

2つの答えは同時に選べない。

どちらかを選ばなければ全てを失う。

ならば、この状態から脱却するために運を天に任せ、ひとつの賭けに出ることに決めた。

あの遠くに見える交差点にこのスピードのまま着いた時、前の信号が赤だったら左折して「中華料理寿楽」に行こう。

青だったら「ぎょうてん屋」に行こうと心に決めた…。

…。

…。

…。

そこからの記憶は定かではないが、気づいたら、寿楽で焼きそばを注文していた。

メニューは壁にばーっと貼ってある。

こっちも壁に。

あれは壁。

ホワイトボードにも。


焼きそば
780円

ホワ〜ンと湯気を立てて運ばれてきた焼きそばは中々のボリュームがあるね。

食べると、その熱さが僕の口の中にダイレクトに伝わってくる。

そしてコンマ0.2秒後、モヤシとキャベツの絶妙なシャキシャキ食感に感動をする。

酸味と甘みが共存するウスターソースはフルーティで、味の濃さはやや薄めの仕上がりだ。

縮れ細麺といったところの麺がスルスルッと口に入っていく。

スタープラチナ!ザ・ワールド!!

オラオラオラオラ!!

時が経てば、魔法がとけてモヤキャベがしんなりしだすだろう。

とにかくこのシャキシャキ感をまだ止めたくないという気持ちが僕を早食いに動かす。

具はキャベツ、モヤシ、豚バラ肉、人参、ニラ、ピーマン、キクラゲ。付け合わせに紅生姜と辛子。野菜たっぷりんこだ。

食べ進めると、皿の底に焼きそばソースの汁が多めに残っているのがみえる。

偶然にもルーシー多めの焼きそばが、実は僕の好み。ペヤングも少し湯を残してルーシー多めに仕上げる僕だ。

中華食堂の焼きそばって、野菜の炒め具合が最高でやっぱり美味しいな。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)