厚木家

Pocket

【住所】神奈川県厚木市妻田東 2-25-11
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】日曜日
【駐車場】有
【最寄り駅】本厚木駅
【HP】食べログ

厚木市246沿いにある

直系家系ラーメン厚木家。

厚木家を語るには

横浜家系ラーメンの歴史を

語らなければならない。

家系ラーメンは数多くあるが、

元々は横浜にある

吉村家が元祖なのは有名。

吉村家創始者の吉村実氏は、

宮大工や床屋の見習いなど、

様々な職を転々とした後、

長距離トラックの運転手を務めていた。

ある日、吉村氏は

「九州の豚骨と東京の醤油を混ぜたらうまいんじゃないか」

と思い立ち、

平和島(東京都大田区)の

トラックターミナルにあった

「ラーメンショップ」を

半年間手伝った後、

1974年9月に

横浜市磯子区・新杉田駅近くに、

吉村家を開店した。

つまり、

ラーメンショップが

家系ラーメンのベースなのだ。

店は繁盛した。

吉村氏はその後、

本牧家を開店したが、

ここで店長を務めていた

神藤隆氏が1988年に独立して

東白楽駅近くに六角家を開業し、

他の弟子たちも本牧家を辞めたため、

怒った吉村氏は

本牧家を一時営業中止し、

新聞沙汰にもなった。

様々な家系ラーメン屋が

この後に誕生していくことになるが、

これとは別に

吉村氏から免許皆伝を与えられ

独立が認められた店を

吉村家直系という。

現在、

直系は全国に8店舗。

その中のひとつがこの厚木家。

ここはトッピングが

良心的価格でうれしい。

麺硬さ、味の濃さ、油の量が

調節できるスタイルはお馴染み。

店員は白のTシャツと鉢巻、

シャツズボンインスラックススタイルで

気合が入っているのが特徴。

男気ある店だ。

大きな厨房に、

大きなコの字のカウンター席。

大きな茹で釜に一度に大量の麺を投入し、

茹であがった麺を

平ザルで一気に湯切るのを見るのは一興。

麺を沢山のどんぶりに

硬め、普通、柔らかめ、

中盛、大盛など分けていく。

作り手はよく

オーダーを覚えていられると思う。

それまた感動。

出てくるラーメンもワイルドだ。

店内風景の撮影は禁止で、

ラーメンの写真だけ

撮ってもいいと店内に書いてある。


味玉ラーメン
キクラゲトッピング     700円 + 60円

直系王道の家系ラーメンは、

醤油ダレが濃くて、

パンチがある。

味が濃いなと思いつつ、

動物系濃度が高い

豚骨スープをズズズと飲んだ。

豚の旨味がよく出てる。

スープ表面は鶏油と言われる

鶏からでる油で覆われる。

この油は家系ラーメンの代名詞。

麺はこれまた家系ラーメン王道の

酒井製麺の平太ストレート麺。

この濃いスープによく合ってる。

具は、

スモークチャーシュー、ホウレンソウ、海苔、味玉、キクラゲ、ネギ。

具の盛りは全体的にガッツリ多めで、

ラーメンに気合を感じる。

スモークされたチャーシューが

この店の特徴で、

最初はスープに味が移るのが嫌で

慣れなかったが、

通うたびに癖になってくる。

後ろで立って待っている客達がいるので、

マッハで食べ終えた。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)