大正麺業

Pocket

【住所】
神奈川県厚木市戸室1-36-3
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】無休
【駐車場】有
【最寄り駅】本厚木駅
【HP】食べログ

18時半頃。

15〜16人とかなり客がいる。

何故かカップル客が多い。

席へ座ると、

店主らしき人がすぐにメニューを紹介。

机の前に

新しいメニュー表が貼られている。

以前はどこにメニューがあるのかわかりずらかったが、

これで新規客もメニューがわかりやすくなった。

こちらの声かけに店員がすぐに反応する。

他の客にもちゃんと気を配っている。

どうやら前回と違って、

接客はいい方向に進んでいるようだ。

その修正能力に拍手。


焼メン 小
600円

10分ほど待つと、

料理が運ばれてきた。

何故、

焼メンと言う。

こういう些細な事が気になってしまう。

焼きそばと何が違うのか。

キャベツが炒められておらず、

のようだが。

見た目は、

焼きそばの上に

こんもりと細切り生キャベツが乗せられて

インパクトがある。

キャベツにはマヨネーズ

反対側にケチャップがかかっている。

まるで「一平ちゃん」

アメリケーヌソースみたいじゃないか。

上のキャベツを箸でどけると、

下から麺が顔を出す。

麺の上には揚げ玉が乗っていて、

これは富士宮焼きそば風なのか。

上は生キャベツで爽やか、

下はコッテリオイリーの別世界。

中太の平麺。

酸味が効いたウスターソースが

たっぷりかかっている。

噛むとモチモチした食感。

食べていくうちに、

キャベツが炒められていない事

の良いところに気づく。

もしキャベツが炒められていたら、

普通に焼きそばとなり、

味に一体感はでるが、

この量とオイリー加減だと、

後半食べ飽きてくるだろう。

焼きそばとキャベツの調理方法、

味付けをあえて分けることで、

食べ方にいろいろな選択肢、

自由さが生まれる。

オイリーな焼きメンの

箸休めに生キャベツを食べると、

口の中に良い清涼感を与えてくれる。

後半、

マヨネーズとソースが混ざり合い、

味の化学変化が起こり始める。

残念だったのは、

焼きそばに肉が入っているのかいないのかわからなかったことだ。

付け合わせのスープは、

ラーメンのアッサリスープが、

塩で味付けされた感じの味。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)