ラーメン うづまき

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

4月1日、新元号が発表された。新元号は「令和」。万葉集から引用したらしい。意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。」だそうである。まだしっくりこないな。

エースコックは3月25日、1988年から続く「スーパーカップ 大盛りいか焼そば 167g」の販売を終了すると発表した。3月末の生産で打ち切り、30年以上の歴史に幕を閉じる格好だ。

カール同様に衝撃のニュース。平成の終わりと同時に慣れ親しんだ商品が次々と無くなっていく。個人的には歴史もあるし、カップ焼きそばでは5本の指に入ると思っていたが、まさかの売上10位。俺は断然圧倒的にペヤング派なのだが、2位は大盛イカ焼きそばを推していたのに。終わった…。

本厚木駅南口にある麺や食堂ブラジルの2号店である「うづまき」にちと前だがやって来た。麺や食堂がアッサリならば、うづまきはコッテリした味なのだ。少し前に来た時はラーメンがリニューアルし味がかなり変わっていた。今日はつけ麺の方を食べに来た。

店内に入ると客が3~4人カウンター席に座っている。食券機で食券を購入して、入口近くのカウンター席に腰かけた。店員に食券を渡す。無料で麺を大盛にできると言うので大盛にしてもらった。

厚木にも豚骨魚介系のつけ麺を出す店はたくさんある。この店のつけ麺はどこか上品だ。

10分程でつけ麺が到着。麺が太いし作業工程が多いから時間を要するのだな。

濃厚豚骨魚介つけ麺 800円

旨そうだな〜。

加水率高めのうどんのような冷たい太麺。プルプルにゅるにゅるした舌触りに、噛むとモチモチした食感。

形状はストレートなので啜るとつるっといけちゃうタイプ。無料で大盛にできるが、それほど麺量は多く感じない。なので大盛は必須である。

つけ汁は豚骨出汁がとにかく濃厚で、かなりトロミが強い。魚介出汁は強過ぎず丁度良いくらいのカツオ風味で、酸味はないタイプ。ネギ、角切りチャーシュー、極太メンマが入っている。麺や食堂のメンマはコリコリしていて食感よし。このつけ汁は熱くてトロリとしていて麺とよく絡んで超旨い。

↑画像クリックで動画視聴

昔は特別感を感じた豚骨魚介系のつけ麺屋だが、あまりにも店が増え過ぎてしまって、普通に感じてしまうのが寂しい事だ。今は簡単に味を盗ませる時代だから、特別性を持ち合わせた店が少な過ぎる。とは言え、俺を含めてこの系統のつけ麺が大好きであるのは紛れも無い事実であり、もう飽きたと言ってはまた食べに通っている。そして、この店は厚木にある豚骨魚介系つけ麺の中でもかなりレベルが高い方である事は間違いない。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)