中華食堂 一番館

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

新東名高速道路は、海老名南JCT~豊田東JCT間、約250kmを結ぶ高速道路。このうち厚木南ICから伊勢原JCTまでが2019年3月17日(日)15時に開通。この開通で、圏央道とのアクセスがダブルネットワークとなり、ルートの選択肢が増えた。

渋滞しマクリマクリスティーの海老名JCTを回避できるようになったみたい。もしそうなら厚木市民にも朗報だわいな。

小腹が空いたので、本厚木駅近くの元レジャーセンター前にある中華料理屋の「中華食堂 一番館」に入った。

15時を過ぎていたが、4人程の客がカウンター席で食事をしていた。男性客が多い印象。

ビール飲みながら餃子を食べている粋な人もいるね。

メニューを見ると、大きく分けて麺類、炒飯、丼、定食がある様子。

2005年設立の株式会社KVC一番館が運営している店。大半は東京中心で営業し、神奈川、埼玉、長野に1~2店舗程ある。

HPでは、炒飯をメインメニューとし、麺、定食等、嗜好性の高いメニューが充実とのこと。

コストパフォーマンスが優れているのと商品提供時間が早いのが特徴らしい。

広東麺が気になるけれど、この店のメインメニューは炒飯だって言うから、じゃあ炒飯にしようかな。店員に注文。

速い!予告通りに提供タイムは注文から3分以内で到着した。どんな料理でも3分以内で出てくるのかな?

炒飯 350円

俺の知る限り厚木最安値のチャーハンはこの店である。量的には普通くらいか。優しい見た目の炒飯色。

チャーハンらしい味、風味はギリギリ感じられるが、全体的に味が薄めである。逆に油量は多めのしっとりタイプ。具材はネギ、卵、チャーシュー。具材がかな~り細か~く切られており彩りが寂しい。所々米が白いところがあり、炒め不足の印象を受けた。提供スピードを追求した代償がここにあり。でも安いからしょうがないか〜。

↑調べてみるとマシーンロボでチャーハンを作っていた様なのだ。AI近未来の調理法によるチャーハンはこんな感じか。

卵スープはトロミがあるが味はほぼ無し。中華系の卵スープにはたまにこういうお湯みたいなタイプあるよ。なんだか塩を入れたい。

↑画像クリックで動画視聴

日高屋の炊飯器チャーハン450円と比べてどうかといったところ。俺ならば100円多く払ってでも日高屋のチャーハンを頼むかな。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)