中華そば 青葉

Pocket

【住所】東京都府中市

【HP】食べログ

2018年ジャパンカップは牝馬三冠馬アーモンドアイが格の違いを見せつけた。騎乗は今年絶好調のルメール騎手。まさかの先行というレース展開から2位で最終コーナーを回り最後の直線でキセキをかわし2分20秒6という驚異的なレコードを叩き出した。久しぶりに凄い馬が出てきた。ぜひ、来年は凱旋門賞を取ってほしい。東京競馬場にてジャパンカップを観戦し終えぞろぞろと府中本町駅方面へと帰り出すたくさんの人達に紛れていた。帰りの駅が群衆で混雑しそうなので、府中市で何か食べてから帰ろうかという事になった。

府中本町駅から府中駅方面へ歩く事5分。ゆるい坂道の途中にダブルスープで名高い「中華そば青葉」に入った。

長くて立派なカウンター席にはズラリと客が座り満席状態である。カウンター席後方の待合席に座り席が空くのを待つ。

メニューは中華そばとつけ麺のみの硬派な設定である。

この店のつけ麺はめちゃくちゃ旨い。八王子に少しばかり住んでいた頃にハマった味は懐かしい。「ダブルスープ」とは、「九州ラーメン」のトンコツ、鶏ガラといった「動物系スープ」から脂を分離し「コク」だけ残したスープと、それに負けないような濃い、かつお節、さば節、煮干しといった「魚系の和風スープ」。この二つを別々に抽出し、丼で合わせたもの。

「六厘舎」から爆発的に濃厚豚骨魚介極太のつけ麺が広まっていったが、もうあの味はどこでも食べられるようになった。だから、この店のような酸味ありバランス細麺系のつけ麺が逆に貴重なのである。競馬関係の人間が多いのだろうか。G1レースの日はこんな混み具合。普段はもっと落ち着いたものなのだろう。

入り口近くの席に座り店員に食券を渡す。それにしても職人の仕事を観ながらの立派な厨房である。屋台をイメージしたというこのインテリアも青葉らしい。

柚子唐辛子は特につけ麺におススメで、必要な人は店員までお申し付け下さいとのこと。これは絶対に頼もう。

特製つけ麺 大盛 950円 + 100円

中華そばにしろ、つけ麺にしろ、この店の料理は気品に溢れている。

良質な小麦粉を使用しており、啜ると良き風味が残るストレート細麺。「うどん」と「中華麺」の良さを合わせた麺は風味を活かす為に作りたてを意識している。縮れ麺はスープが絡みやすく独特な食感を生むが、ストレート麺はめっちゃズズッと啜りやすい。

軽く水で締めている為に温度はやや冷たい。ツルツルと滑らかな舌触りに、柔らかな食感。以前は太麺も出していたが、細麺だけに戻した。やはり細麺の方が断然に旨いのでその選択は正しいと思う。麺が細いのでスープがよく麺に絡み、何より啜りやすいし調理時間も待たない。

よく熱せられた熱~いつけ汁。醤油ダレのコクと酸味が強い味の中にマイルドな深みのある魚介出汁がじんわりと感じられる。スープ表面の香味油がそれらを上手くバランス良くまとめて麺とスープを絡ませる。ピリッとした七味唐辛子が程よいアクセント。

具はネギ、チャーシュー、味付け卵、ナルト、メンマ。どれも一級品のものである。

柚子唐辛子を中盤から加えると、上品な柚子の酸味と唐辛子のピリ辛感が増して、つけ麺の弱点である食べ飽きがこない。このつけ汁にはとても合っている調味料であると思う。

酸味あり系のつけ汁はバランス良く調和させるのが難しいのだが、この店のつけ汁はその完璧な答えと思うほど素晴らしい。つけ麺は麺が主役だと言われるが、はたして本当にそうだろうかと思う程につけ汁が旨かった。俺は太麺も好きであるが、あまりにも極太麺が主流となりつつある今のつけ麺業界に疑問を抱く。このような旨い細麺の可能性も追求すべきではないかと、青葉のつけ麺は俺に投げかけている様に感じた。2018年大つけ麺博の1位は、大会二連覇中「中華蕎麦とみ田」の「13年目の濃厚豚骨魚介」で、これで三連覇。確かに旨いのだが、みんな好きだからって、どこの店も同じようなつけ麺を出しているのはつまらない。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)