大正麺業

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

HP食べログ

安倍晋三首相は15日午後の臨時閣議で、2019年10月に消費税率を予定通り8%から10%へ引き上げると表明した。中小小売店での商品購入時にクレジットカードなどキャッシュレス決済を使った消費者にポイントを還元するほか、自動車などの大型耐久消費財の購入者の負担を減らすような税制・予算措置を講じる考えを示した。増税で得られる税収の半分を国民に還元し、幼児教育を無償化すると言明した。増税にあわせて、食料品などの税率を軽くする軽減税率を導入すると表明した。

「増税?ざけんじゃね~よ!」とお思いの人もいるだろう。現在、政府は消費税率を引き上げることを予定している。が、それでも社会保障費による財政赤字は年約20兆円もあり、財政健全化にはさらなる国民負担の増加は避けられそうにないらしい。

「年収が高い奴らからもっと取ればいいだろうよ!」とお思いの人もいるだろう。だが、例えば年収1800万円以上の者達の所得税率を限界の90%まで引き上げたとしても、財源は2.5兆円増えるだけらしい。消費税は1%の税率引き上げでざっと約2.5兆円の増収となる。また、高所得者層にそこまでの累進課税強化を実施すると、現実問題としては人材の海外流出や勤労意欲低下といった負の側面も出てきそうである。

よって、所得税の累進課税強化は、所得再分配機能の強化のためにはある程度必要だとしても、消費税の代替財源にはなり得ない。ただ、過去の歴史を見ても消費税を増税しても税収は増えていない。増税で国民がさらに金を使わなくなったり、企業の負担が増えて経済が停滞すれば逆効果だし。

だから、国民が金をガンガン使う様な政策と、増税による企業の負担を減らす様な政策が必要不可欠だと思うね。てか、企業は内部留保ばかりしないで給料を上げろ!結局は国民全体の収入がもっと底上げされればいいんだけどね。だからしょーがないから暇して元気してる老人を税金を納めてもらう為に働けと煽っては人生100年時代とか急に言い始めたのだろう。だったら所得を貰ったら年金を減らされるのっておかしいでしょ。過激だが、安楽死制度を容認すれば、無駄に長生きさせられないから、皆で死にたい時に死んで社会保障費は軽減するかも。

たまにあの甲殻類と類の出汁がバッチリ効いたつけ麺を無性に食べたくなる。今日は正にそんな日で厚木市戸室にある大正麺業にやって来た。

相変わらず店内はシンプルでキレイで明るい。老若男女問わず入りやすい店であると思う。

食券機で食券を購入すると、いつも通りにカウンター席に案内された。

店員は2人体制。10分程で俺のつけ麺をチャッチャと水で締めている音が聞こえた。

今までこの店では醤油ラーメン、味噌ラーメン、焼きそば、チャーハンと食べて来たけれど、ハマったのはあの個性的なつけ汁のつけ麺だな。

今夜は客は少なめだな。せっかく座敷席もあるのに。

そして、つけ麺到着〜。

味噌つけ麺 大   900円

見た目は中太の平打ち麺である。大盛で注文したが、量はそれほどは多くはない。縮れがあまり無いストレート麺なのでスルスルと口に入っていき食べやすい。

逆に言えば、縮れが無いので汁があまり絡まない。噛むと食感は柔らかめである。

感想は、可も無く不可も無くといった普通の麺に落ち着く。

豚骨出汁に、甘い白味噌を濃いめに溶かして、エビやカニの甲殻類とホタテやあさりの貝類の出汁がジンワリと出ている。とにかく甲殻類、貝類系の出汁が旨〜い!

具はチャーシュー、ネギ、アオサ。特にこのアオサが麺に絡んで、スープを麺と繋げてくれて良いのである。少し塩辛いが、個人的には、つけ麺はこのくらいの方が好みである。

食べた後にスープ割りを頼んでゴクゴク最高と思う。この旨い出汁を最後まで味わいたい。個性的な味なので賛否両論があるのはわかってる。甲殻類、貝類の出汁が好きな人にはオススメである。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)