麺処 謹ちゃん

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

風疹の感染が全国に拡大している。今年の患者数はすでに362人で、去年1年間の患者数の約4倍になっているそうだ。

国立感染症研究所によると、今月2日までの1週間で国に報告された風疹の患者数は75人。これまでは千葉や東京など首都圏からの報告が多くを占めていたが、愛知県などでも報告が相次いだ。今年の患者数は362人になり、厚生労働省は全国的に流行が拡大し始めているとみている。厚労省は、妊娠を希望している女性やその家族は必要に応じて予防接種を受けるよう呼び掛けている。

風しんの予防接種は、1976年から始まったが、最初は女子中学生のみが対象だった。男女とも1歳すぎに接種するようになったのは1995年からである。(一部、1989から1993年の間にMMR混合ワクチンとして風しんの予防接種を受けている人もいる。)その後、接種を受けていない空白の世代を対象に経過措置がとられたが、接種率は高くなかった。そのため、20代以上の人(特に男性)は免疫をもたない人が多くなっている。また、充分な免疫をつけるためには、2回の接種が有効とされているが、幼少期に1回しか接種していない人も多い。大人になってから風疹にかかるとかなりヤバイから、とにかく速攻でワクチンを打つべし!

厚木家系ラーメンの中で個人的に三本の指に入る麺処謹ちゃん。はとぽっぽ公園の近くにある店。18時の開店とほぼ同時に入った。

食券機で食券を買い、手前のカウンター席に座る。店主は1人。客は俺1人。麺を硬めで注文した。

立派な厨房に長いカウンター席である。

後ろには団体客用の4人掛けテーブル席がある。

卓上調味料は左から豆板醤、おろしニンニク、紅生姜、醤油、酢、胡椒。

しばらくすると、男性客がもう1人来店し、カウンター席に座った。店舗の立地から酒を飲んだ後の客が多そうだ。深夜にかけて客が多くなっていきそうである。駅前だからテナント料は高いだろう。何て事をぼんやり考えていたら、俺のラーメンが数分で到着した。

ラーメン 大       900円

並盛よりも一回り大きな丼に盛られて目の前に登場した。

豚骨を中心とした旨味たっぷりの動物出汁と、これまた風味豊かな油と、角が取れた円やかな醤油ダレの配分バランスが正に絶妙!いつ来ても謹ちゃんのスープは裏切らないなぁ〜。

家系ラーメンらしい中太平打ち麺。硬めで注文したら予想以上のかなりの硬めである。他の家系ラーメン店より、基本の麺茹ではやや硬めで設定されているのかもしれない。食べている中盤からちょうど良い硬さに仕上がってきた感じ。

具は肩ロースチャーシューとネギ、ほうれん草、海苔。厚みは薄いがこのチャーシューの質はかなり高い。とにかく脂が甘くて上質。余計な味付けは少なく肉本来の旨味を生かしたものである。

プッハー、旨かった。久しぶりに謹ちゃんのラーメンを堪能した。やはり以前と変わらず、スープバランスが絶妙な素晴らしい家系ラーメンであった。正にパーフェクト!ごちそうさまでした。

麺処 謹ちゃん」への2件のフィードバック

  1. なみたく

    こんばんは。
    自分も昨日謹ちゃんを堪能してきました
    毎回美味しくて、本厚木なら絶対に謹ちゃん推しです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)