板そば 喜右衛門

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

テニスの4大大会最終戦、全米オープン第13日は8日、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=が、4年ぶり7回目の優勝を狙った第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-2、6-4で破り、4大大会のシングルスで男女を通じて日本選手初優勝の快挙を成し遂げた。

決勝の相手が憧れのセリーナで、さらに優勝するとは何てドラマチックであろう。大坂なおみはいつかは世界一になると思っていたけれど、ここ数年で急激に才能が開花し、こんなにも早くグランドスラムを取るとは思わなかった。200㎞を超えるサーブとパワフルなストロークは世界トップクラス。走らされるとミスが多い欠点があったが、今大会はかなり安定していた。相手のセリーナは大坂と同スタイルのパワーテニスで数々のプレーヤーを力でねじ伏せてきた元女王である。厳しいスケジュールの四大大会において、年齢を重ね衰えた体力を温存させる目的で、フェデラーのようにボレーで攻めるスタイルに変更してきた。そのセリーナを終始圧倒し、パワーテニスNo.1は誰かを証明する恐ろしい強さを感じさせたのが大坂なおみである。今の女子テニスには女王という存在がいないと思っていたが、ついに新女王が誕生したと予感させた試合だった。素晴らしい!おめでとう!

夜は少し涼しくなってきたので、エアコンを使わなくても眠れる事が多くなってきた。とはいえ、日中はまだまだ暑い。何か冷たいものを食べたいと思い、個人的に厚木、いや、地域で1番旨い蕎麦屋と思っている板そば喜右衛門にやってきた。

とりあえず、カウンター席に座る。店内はオレンジ色の電灯で包まれており、落ち着いたジャズが流れている。

この店に来たら基本はせいろかきざみ鴨せいろを頼む事が多い。今日は1番よく頼むせいろを注文した。

奥の座敷席は掘りごたつ式で団体客用である。

この店はいつ来てもキレイにされているな。

待つ事数分で蕎麦が到着した。

せいろ 大盛       700円 + 160円

口に含み噛むとややコシのある食感と、蕎麦の甘みが舌にじんわりと染みてきて、遅れて蕎麦の風味がやって来る。

蕎麦の太さは細すぎず太過ぎず、丁度良い。

蕎麦つゆは、醤油がキリリと濃くて、魚介出汁も良く効いており、深い甘みがある。この近隣一帯でこれを超える蕎麦つゆは皆無である。

大盛はざるが3枚。でも俺には簡単にペロリ。他の店に比べて量もなかなかある。

味良し、量良し、価格良し。昔より価格が少し上がったが、それでも蕎麦の質に対して価格は良心的であると思う。この店は最高だ。厚木の宝である。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)