麺や食堂 ブラジル

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

相模川では下流部の市街地の進展を踏まえ上下流バランスに配慮しつつ無堤部区間、堤防断 面が不足している区間において2011年〜2012年に堤防整備を実施。相模川の河口から15.0km付近に位置する海老名市河原口地区は川幅が狭く、ボトルネック区間(増水した水が流れにくい区間)となっていたため、流下能力不足を解消するために川幅を拡げる工事を実施した。

洪水による被害を防ぐため海老名市河原口地区の小田急電鉄架橋から横須賀水道管下流まで川幅を現況約250mから370~450mに広げ川の容積を拡大。川の水位を下げ排水路などによる内水排除を容易にするとともに新たに堤防を整備し安全な構造とした。

今回の台風で工事の真価が問われる。高齢者は避難を開始した様だ。記録を見るとこの辺は過去に何度も川の氾濫による浸水被害があった場所なので圧倒的にヤバい地域なのである。どうか厚木が無事である様にお願いしよう。報道ではやや西に台風がそれている様であるが、西日本豪雨の被災地にまたしても向かっているのが心配である。

…。

さて、その前に。

今すぐに餃子が食べたくて食べたくて仕方がないと言う友人に平塚市にある餃子専門店へと誘われた。とりあえず平塚方面へ車を走らせていると、麺や食堂ブラジルの店舗が目に入り、「ブラジルにも餃子があるんじゃないの?」と言ったら、久しぶりにブラジルに行こうかという流れになった。

時刻は昼13時頃で珍しく行列が出来ていない。まあそうだよね。駐車場に車を停めて店内前に立った。

店舗前でメニューを見ていると店員が外に出てきて中へどうぞと言ってきた。

案内された席は入り口から1番遠い2人がけのテーブル席である。

メニューを見る。

餃子もある。

店内は家族客やカップル、友達同士で賑わっており、人気繁盛店である事を証明していた。

1970~1980年代くらいの昭和の雰囲気を表現したと思われる店内。レトロなテレビにはファミコンのベースボールのデモ画面。駄菓子屋感や綿菓子、お面などのお祭り感もある。

注文をして待つ事数分でラーメンが到着。

ちゃーしゅーそば 大盛 980円 + 200円

表層は香味油でややコッテリしているが、その下は鳥の優しい旨味が出ておりあっさりしている。後味にじんわりと魚介出汁が効いている。

HPによると、瀬戸内、粟田水産の上煮干と、特殊製法で仕上げた鰹節を使用。低温温風乾燥で自然の味を閉じ込め、酸化防止剤として天然ビタミンEを使っている煮干と、高イノシンサンを保有する鰹だけを使用しコクのあるダシに仕上げているらしい。

また醤油は料亭で使われるヒゲタの「本膳」。醤油の旨みを表す窒素の数値が、通常1.5~1.8位に比べ、本膳は2.0。ダシにまろやかさを加える唯一無二の醤油と本醸造濃口醤油をブレンド。

ダシの味を最大限に引き出すため、1千万分の1という極小のフィルターで不純物を極力取り除いた「RO水」を使用。

綺麗に揃えられた麺には芸術すら感じる。博多ラーメンの様な細さの麺は適度なコシがある。良い小麦粉を使用している風味がする。大盛はなかなか量も良いのだ。

北海道産「春よ恋」をメインに強い腰をプラスするため、アメリカ、カナダ産の「ダークノーザンスプリング種」をブレンド。添加グルテン、酸化防止剤は一切不使用。

鳥と豚のチャーシューがある。豚は脂身が多く柔らかいバランスの肩ロース。鳥は脂肪少なめの部位を使用し硬めの食感。鳥スープとの相性を考えてだと思うけれど正直豚のチャーシューの方が好みである。鳥チャーシューは要らない。

麺や食堂らしい極厚メンマはコリコリした食感で味が染みていて旨い。

中華そば 大盛   680円 + 200円

焼き餃子 380円

パリッとした皮に中はきめ細やかに挽かれた餡。もっと粗挽きが良いな。この細挽きは工場の味がする。

食後に出された烏龍茶は紅茶の様な風味のする美味しい一杯であった。

会計を終えると店の外まで店員がまた御来店下さいと頭を下げるのがこの店のスタイル。店の近くが相模川、中津川、小鮎川の三川合流地点である。1週間後には花火大会を控えている。延伸されたあゆみ大橋に願いを込めて、少し風が強くなって来たので帰宅する。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)