慶福楼

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

毎年この時期になると今年の暑さは異常であるとか地球環境の変化だとかどこのテレビ局でもお決まりに報道をしている。

そんな暑い昼過ぎ、図書館に小説を返した後に本厚木駅東口近くにある中華料理屋の慶福楼にお邪魔した。

店に入ったら丁度カップルが食べ終わって出て行くところであった。クーラーが効いていて店内が冷えているのはありがたい。気づいたら店内は俺1人である。ウエイトレスから好きな席にどうぞと言われ左側手前の2人掛けのテーブル席に座る。

店員はおそらく中国の方達だろうけれど、愛想が無い様に見える接客は悪意があるわけではなくきっと文化の違いであろうと思う。冷たい水を出してくれた。

店員よりメニュー本を渡されパラパラ見ていたが、メニュー本よりも壁に貼ってある定食メニュー札に目がいってしまった。

注文をすますと左斜め前のテーブル席で何かの雑誌やら新聞やらを読んでいた調理長らしき人物が本を置いてムクッと立ち上がり厨房へと入っていった。

やがて厨房からカンカンカンと調理をする音が聞こえ始めまもなく料理が運ばれて来た。料理が運ばれて来ると料理長も店内に戻って来て再び何かを読みだした。

タンタンメン・半チャーハン   900円

担々麺にも色々種類があるみたいでこの担々麺はスープがあっさりしたタイプのである。

スープ表面にはラー油、甜麺醤、豆板醤などで炒めたひき肉のタレがのっている。その下は澄んだアッサリ中華スープという二重構造である。

辛さはピリ辛程度であまり辛くはない。胡麻の風味も控えめで中華系スパイスの風味を感じる。ラーメン用語で言えばシャバ系の担々麺である。

麺は一般的な細く柔らかな中華麺。可もなく不可もなく普通の麺である。

具はひき肉、メンマ、青梗菜、ネギ。ひき肉が底に沈みがちであるのですくって食べるために小さい穴の空いたレンゲが欲しい。

半チャーハンはけっこう脂を使っているコッテリチャーハンである。

細かく刻まれたチャーシューがたくさん入っていて具材も多い。

味付けも濃すぎず薄すぎず丁度良い感じでほのかな甘みを感じて美味かった。

チャーハンは旨かったな。

サラダはこんな感じである。本格チャーシューが入っている。大きなキューリもある。

担々麺にはまり始めてこんな感じのあっさりしたスープタイプの担々麺もあるのだと知った。そして胡麻とスープ出汁が濃厚でクリーミーな担々麺が俺の好みである事が徐々にわかってきた。

会計を済ませる頃、時計は14時40分を回っていた。15時でラストオーダーらしいのに料理長や支配人らしき人が15時を前にして次々と外出していった。もし15時までに新たな客が来たら残されたウエイトレスが料理を作るのかい(笑)。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)