ラーメンショップ やっこ

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

2018ウインブルドン男子シングルスベスト8に錦織圭が進出した。今までの壁を破り次は苦手なジョコビッチとベスト4をかけて激突する。もうひとつ壁をぶち破れ!錦織圭!

さて、午前中に厚木中央図書館で本とCDを返して、また小説を借りてきた帰り道。市役所裏にある平日しかやっていないラーメンショップやっこに昼時入った。

こぢんまりとした店内に入ると、10人くらいは座れそうなカウンター席と2人がけのテーブル席があり、その椅子にはたくさんの客が座っている。そして、元気で愛想が良い女将と調理担当の大将夫婦2人で切り盛りしている光景があった。丁度1人の客が食べ終わり店を出ようとするところだったので、その空いたカウンター席に着座した。あたりを見回すと、白いワイシャツとスーツ姿の市役所の役人達が常連みたいである。

ここはラーメン屋でありながら女将が作ったカレーが人気な店である。ラーメンショップと店名にあるが、あの椿系ラーメンショップとは関係が無いと思われる。

カレーの他に特性ラーメンなる辛いラーメンが人気であるようだ。それにしても全体的に値段が安いのだ。

とりあえずラーメンとカレーを注文した。「麺は柔め?硬め?」と女将に聞かれたので硬めで注文した。「カレーはハーフもあるよ!」と言うので素直にカレーの量をハーフにしてもらった。

ラーメン  400円

5分とかからずラーメンの方から出てきた。さて早速いただきましょうかね。

かなりアッサリした動物系出汁中心の醤油スープ。魚介出汁はほのかに感じるか感じないか程度の抑えめである。例えるならチャーハンスープのような優しい味で、ラーショのラーメンとは全く違う。常連の話に寄ると行くたびに味の違うスープはご愛嬌(笑)とか話である。

やや芯の硬さを感じるアルデンテな細麺。博多ラーメンで言うとハリガネレベルの硬さである。食べ終わる終盤に硬さが丁度良くなってきた。道理でラーメンが出てくるのが超速かったわけだ。麺リフト画像を撮り忘れたので、麺の様子を詳しく知りたい方は下の動画をクリックして観て頂きたい。

具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ネギ。業務用チックなチャーシューは嫌いでは無く個人的にはむしろ好きな方だ。

続いてカレーが目の前に置かれた。

ハーフカレー    250円

裏メニュー的なものなので勝手に名付けてしまった。ミニカレーと言う人もいるらしい。

女将特製のカレーは家庭的な日本式カレーでルゥが濃い!ルゥが濃いんじゃ~!でありながら辛さも少しあり軽く汗が出る程度である。スパイシーなカレーでは無いが郷愁を感じるような味である。

食べ終わり勘定を頼むと、

女将「はい。お兄さん、合わせて650円ね!」

カピ「随分と安いね。」

女将「あらそう?じゃ1000円ちょうだい!」

カピ「1000円でも安いから払わせてよ。あれ?でも手持ちが丁度650円しか無いわ!ごめん。じゃ、おばちゃん!」

女将「忘れ物無い?現金なら忘れていっていいよ!(笑)」

とこんな感じの明るい女将がいる。やっこと言えばこの女将の存在だろう。いつまでもお元気で。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)