すき家

Pocket

【住所】神奈川県厚木市

【HP】食べログ

小腹が減ったら牛丼チェーン店に寄りたくなるのは漢の性であると言うのは遠い昔。今では若い女性も普通に牛丼屋で堂々と牛丼を食べている時代である。牛丼にしようかマックにしようかと290円くらいで牛丼を食べられた貧しきあの頃が懐かしい。

牛丼と言ったら俺は松屋派であるのだが、牛丼を食べたい時にはいつも地理的にすき家が近くにある。これはすき家による完璧なマーケティングによる立地選択だと納得せざるを得ない。

一時期は牛鍋膳のオペレーション問題でブラック企業の烙印を押されたゼンショー傘下のすき家。許すまじと個人的に重い経済制裁をしていたが、去年に和解した。

すき家に入ったら牛丼中盛生たまごを頼むのが俺の常。2012年には肉が6割り増しでご飯が少なめの牛丼中盛がすき家から登場。いつも先に肉を食べ過ぎて、ご飯がかなり残る俺には救世主的なヒーローであった。

しかし、2015年!「何かまたご飯が残るな?」と思っていたら、しれっと肉量が4割り増しに下げられた!

しかも値段が上げられていた!気づかなかった~!Goddamn~!ちっくそ~!これがお前らのやり方か~!経済制裁を再開じゃ~!!

牛丼 中盛 たまご480円 + 60円

並に比べて1.4倍の肉をいただきます。

タレがよく染み込んだ牛すじ肉は柔らかい食感。適度に脂身があり噛むと甘みが出る。

生卵をかけてさらにマイルドな味わいに変化させる。

さらに紅生姜を主張が強くならない程度にちょこっとパラリンするのが俺流。

正直、ぎょうてん屋のチャーシュー丼(350円)を失った事はかなり大きかった。はたして海老名民であのコスパの素晴らしさに気づく人はいるだろうか。牛丼食べたらご飯が余る!すき家には肉量2倍、ご飯少なめの「超中盛」を切に求める。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)