ぎょうてん屋本店

Pocket

【住所】神奈川県厚木市
【HP】食べログ

4月5日(木)で厚木にあるぎょうてん屋本店は最後の営業となる。移転する海老名本店は4月7日からオープン。厚木で成功し、厚木市民にお馴染みとなった店が本店を海老名に移すのは寂しい事だ。

振り返ると、開店当初は行列が出来るほどであった。毎月どこかの水曜日はお客様還元サンキューデーとして390円でラーメンを出していたが、いつのまにか辞めてしまった。

家系ラーメンだけでなく、塩、味噌、辛い系、アッサリ、豚骨魚介系、二郎系、大勝軒、陳健一の坦々麺、無化調ラーメン、肉ラーメンなど、時代に合わせて柔軟に様々な新ラーメンを提供してきた。

すぐに辞めたけれど、出前をしている時期もあった。大ボリュームの大食いチャレンジもあったな。深夜までやっているラーメン屋はここくらいでサービスライスはありがたかった。

俺が本当に好きだった頃のぎょうてん屋は、オープンから数年間だった。当時はぎょうてんラーメン(豚骨醤油ラーメン)というラーメン名で、スープと油の一体感こそが真のコッテリ感であると謳っており本当に美味しいスープだった。麺はあのままの独特なたまご麺。具材は今とは違いほうれん草もチャーシューもかなり高級な具材を使用していた。いつのまにか値段を下げずに、(むしろ上がった)ラーメンの質を徐々に落とした。店員もいつのまにか中国系の人達に変わった。ぎ郎が出てくらいからぎょうてんラーメンの存在が変わっていった感じがある。

かなりの頻度で店に通っていたのがたまに通う位になった。それでも通いつづけたのは稀に凄く旨く感じる日があったからだ。

明日で最後と言うことは、明日の仕事上がりに寄っても東名家の時のように、店はもう開いていないのかもしれないと思い、前日の今日に最後のぎょうてん屋にやって来たわけだ。

店内には2名の客。以外に少ないと思ったら、どんどん客が入って来て、帰る頃には10人くらいは入っていた。

後ろの壁を振り返ると、無添加、低糖質麺、テイクアウトチャーシュー、数々のメニュー。この店がいかに色々な事にチャレンジしてきた事が歴史として刻まれている。

豚骨醤油ラーメン
700円

1月1日から海苔が3枚に減った事に今初めて気づいた。今までは基本5枚。思えば、かなり良心的な枚数だった。ここの海苔はスープとの相性が良かった。

いただきます。

甘ジョッパイタレのコッテリスープ。独特な味だ。

硬めで頼んだ中太縮れたまご麺は硬い内に食べるのが旨い。

スモークチャーシューをバラチャーシューに変更してもらった。

サービスライスはラーメンを頼めば無料。やや硬めでパサついた米がスープと相性良し。

紹介しきれなかった思い出達を一気に放出。

変わらないものなんて無いんだという事を最後の一杯を食べて思う。でも俺はあのオープン当初のぎょうてんラーメンを忘れない。良くも悪くも独特でオリジナリティ溢れる家系ラーメンだった。

今後の海老名は駅前が益々発展し様々な店が参入して飲食店戦国時代となって行く可能性がある。ぎょうてん屋はその先駆け的存在として海老名に定着できるのか。厚木市民としては次にこの空き店舗に何の店が入るのか、それとも壊されるのか。興味はそこに注がれる。ごちそうさまでした。今まで、ありがとう!

PS 店員に聞いたところ、20年も営業した土地だから、まだまだここで店を続けたかったんだけど、大家との20年契約が終了し土地契約更新での入札に競り負けたんだとのこと。急遽、閉店した海老名店がまだどことも契約が取れておらず、そのまま空いていたので、泣く泣く再契約しただけとのこと。この土地には郵便局が入るとの事だ。大家さんからしたらラーメン屋は匂いとかゴキブリとかで近所から苦情も出るしあまり貸したくないのかなーって思った。まだ確実な情報では無いから、話半分で聞き流しといて。ぎょうてん屋は厚木を見捨てたわけではなかったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)