食事処 ときわ

Pocket

【住所】神奈川県厚木市
【HP】食べログ

 昨日のオリンピック、クロスカントリーで渡部選手は健闘したが、残念な結果だった。24秒差があってもドイツ選手3人の見事な協力作戦に追いつかれて、2位の選手にも風避けにされたあげく、最後は抜かれたという展開。本人はかなり体力を消耗していた様子。あの時、追いつかれる事を考慮して、2位の選手と協調して体力を温存できていたらとか、色々と考えさせられた。いや、でもドイツ選手凄い。

さて、昼間、定食屋のときわに入った。定食が全て600円というほぼワンコインの店。

この店は、隣にあるときわ弁当が数年前に始めた定食屋。ときわ弁当は昔から馴染みの弁当屋で、とんかつ弁当やかき揚げ丼が俺のお気に入り。

営業中の文字を見て、店内に入る。4〜5人座れるカウンター席と4人座れるテーブル席が3卓程。女将にいらっしゃいと声をかけられて、カウンター席に座る。弁当屋と定食屋は内部で繋がっている様だ。

他に客はいない。右後方、テーブル席横の壁にメニューが書いてあるのが見えた。

パッとメニューを見て、とんかつ、エビフライ、焼肉、かきフライに選択肢を絞る。今の時期はやっぱ牡蠣かなと、心の天秤が傾き始める。

テーブル席にガテン系の男性客2人が訪れた。2人ともかきフライ定食を注文。さらに電気屋系統の制服を着た男性客2人がサバと鮭定食を注文。

料理を作る場所は隣の弁当屋の厨房のようで、女将さんが料理を作りにあちらに行くと、こちらの定食屋には誰も店員がいない状態になる。厨房には旦那らしき姿も見える。旦那は、おそらく弁当屋の仕事をメインにしているのだろうと思われる。

後に来た客達が料理の注文をしたくても、女将がいないから困っていた。どうするのだろうと見ていたら、厨房と繋がっているこの穴へ大きな声で注文をしていた。独特な、ときわ・コミュニケーション・システムだ。

かきフライ定食
600円
カキフライが4つ。カキフライだけではご飯があまりそうだが、それ以外のご飯の友達も用意されている。

衣はサクッと揚がってカリカリ。熱い。揚げたての旨さ。

タルタルソースをつけていただく。

中から牡蠣の旨いエキスがジュンジュワ〜。

カキフライが無くなっても、ミートボールでご飯を食べられるという二段構え。

魚出汁が適度に効いた味噌汁。

食べ終わっても、女将はおらず、金を支払おうにも、女将はあちらの厨房で忙しそうだ。まあ今日の俺は時間がある。ときわのコミュニケーションシステムを使って女将をこちらに呼ぶ事もできるが、ここは落ち着いて女将がこちらに来るタイミングを見計らおうかしらね。でも、昼休みという、限られた時間の制約内で来ているサラリーマン達にはこのタイムロスは敬遠されちゃうかもしれないな。

結論として、600円でこれだけの手作り感ある定食を食べられて満足。今度は、違う定食も食べたいなと思った。俺の好きなかき揚げ丼もメニューに加えて欲しいな。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)