カフェ トスカ

Pocket

【住所】神奈川県横浜市
【HP】食べログ


みなとみらい駅直結の横浜ベイホテル内にあるバイキングスタイルの店、カフェトスカに行って来た。

テレビでもたまに放送される有名なホテルバイキング。

5日前にネット予約すると、6800円が4000円に割引される。14時に2名で予約を取り店内に入った。

ヤシの木が生えるくらい天井がとても高く開放感ある店内。

店員に窓側の席に案内された。

窓の外にはみなとみらいの街並み、コスモワールドなどが見える。

この店はライブキッチンと言って目の前で調理をして皿に盛ってくれるのが売り。

さあここから戦闘開始。一気に体内の気を解放し皿を持つ。まずは前菜。サラダコーナーから一皿目。続いてローストビーフ、ピザ、カルボナーラと進む。

チーズの王様と言われるパルミジャーノ・レッジャーノチーズ。牛乳から水分を完全に抜き切り、18〜36月、長い物では5年以上熟成させた超硬質のハードチーズ。

この豪華なチーズの上で調理するスタイルは、マスコミでも取り上げられてこの店の象徴的料理。ライブキッチンにおいて目の前でチーズを削ってパスタと絡める。
しかし、パスタは茹で置きのものを使用。ソースもあらかじめ作ったものをポットに入れておいて、それを麺に絡めるだけというなんともお粗末なもの。昔のカラオケ屋のパスタかい!

とりあえず4皿ゲッチュー。
いただきまーす。

ローストビーフ
薄く柔らかいお肉。シャリピアンソースに西洋ワサビ。普通に美味しい。

カルボナーラ

ペペロンチーノ

ミートソース

パスタは安いもので、茹で置き。家庭で作ったパスタレベル。ソースも市販缶ソースレベル。やっぱりな。

ピザ
冷めてチーズが硬くなっているピザは、ただ腹を満たすためだけに存在している。

オムライス
これもライブキッチン料理。あらかじめ大量に作っておいたチキンライスがボウルに入れられている。そこから、アイスをコーンに乗せる時に使うような道具で、チキンライスをボール状に皿に盛り付ける。またまたあらかじめ大量に溶かれている溶き卵が入ったボウルから、おたまで一杯ミニフライパンに溶き卵を注ぎ入れる。火を入れて半熟にした物を、先程皿に盛ったチキンライスに乗せて渡される。ソースは自分でかける。完全に時間を省いた手抜き料理ですわ。調理しているところを見せない方がいいよね。これも普通に美味しいが、感動するほどでもない。

魚や鶏肉
肉類を中心に盛り付けた。鶏モモ肉のロースト香草パン粉焼きは柔らかくジューシーで表面はカリッとして美味しかった。

デザート

鶏モモ肉のロースト香草パン粉焼き

結局、1番美味しかったのは、鶏モモ肉のロースト香草パン粉焼きだった。

昔は店を一軒潰す勢いで食べられたのに、今は全然量が食べられなくなったな。やはりバイキングスタイルは如何に有名な店でも、所詮それなりの味だなという感想。スキーを一日中滑った後、超腹ペコリンで、何を食べても美味しく感じる状態の時は嬉しいけれど。

ライブキッチンは、料理を少しでもやる人から見れば、数を捌くための手抜き料理でしかない。「ご覧ください。この料理、しっかりと手抜きしてますよ〜!」ってわざわざ目の前でアピールしてるんだから、逆に料理を心理的に美味しくなくしているような気がした。ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)